このページの本文へ移動

東京消防庁

救急の日・救急医療週間について学ぼう

救急の日・救急医療週間について学ぼう

まず行動 救える命 あなたから

≪「救急の日」・「救急医療週間」とは≫

厚生労働省と総務省消防庁は、救急業務及び救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に、毎年9月9日を「救急の日」、救急の日を含む一週間(日曜日から土曜日)を「救急医療週間」と定めています。昭和57年から始まり、毎年、日本全国で救急にかかわる様々な取組が実施されています。
 東京消防庁でも「救急の日」と「救急医療週間」を中心に、都民の皆様に救急業務への理解と認識を深めていただくため、様々な行事を実施しています。

≪救急車の適正な利用について≫

1 増加する救急出動件数と救急隊の現場到着時間

東京消防庁における救急出動件数は、依然として増加し続けており、令和元年中の救急出動件数は825,929件と過去最多の件数となりました。
 これは、1日およそ2,260件、救急車が約38秒に1回出動していることになります(図1参照)。

図1 年間救急出動件数(平成27年から令和元年)

東京消防庁では、119番通報を受けると、対応可能な最も近い救急車を出動させ、少しでも早く傷病者の元へ到着できるように努めています。しかし、救急車の数は限られており、119番通報が増加し近くの救急車が出動してしまうと、救急車が到着するまでの時間が長くなります。救急車の到着が遅れるほど、「救命曲線」(図2参照)を見てのとおり、命の危険が迫っている傷病者の助かる可能性が低下していきます。

図2 救命曲線

一方、救急車により搬送された方のうち、入院を必要としない軽症だった方の割合は50%以上を占めており、また、アンケート調査の結果では、救急車を要請した理由として、「生命の危険があると思った」など、緊急性があると思われるものが多い反面、「交通手段がなかった」など緊急性があるとは思えない理由のものも見受けられました(図3参照)。
 このような状況が進むと、救急車の到着が遅れ、救えるはずの命が救えなくなります。救急車は皆さんの医療資源であり、適正に利用していただくことが大切です。

図3 救急車要請理由の一例

図3 救急車要請理由の一例

2 救急医療の東京ルール

東京都では、迅速・適切な救急医療の確保に向け、「救急医療の東京ルール」を定めており、東京消防庁でも、東京都福祉保健局や東京都医師会等と協力・協働して、この取組みを進めています。
 救急医療機関や救急車の不足、夜間対応病院の混雑など、救急医療の現場には、さまざまな問題が生じています。あなたの家族、そしてあなた自身の「もしも」のときに、救急医療の現場が混雑していたら・・・
 この状況を改善し、より大きな安心を実現するため決められたのが、「救急医療の東京ルール」です。
 都民の皆様の命を守るために救急医療の3つのルールを覚えてください。

安心

ルールT 救急患者の迅速な受入れ

救急患者が迅速に医療を受けられるよう、地域の救急医療機関がお互いに協力・連携して救急患者を受け入れます。都内の医療圏域ごとに「地域救急医療センター」※1を整備し、東京消防庁に「救急患者受入コーディネーター」※2を配置しています。

※1「地域救急医療センター」

救急隊の医療機関選定において搬送先が決定しない場合に、救急隊と並行して、地域内の救急医療機関の連携体制を基盤として、受入先の調整を行う医療機関です。

※2「救急患者受入コーディネーター」

地域救急医療センターが行う地域内の調整では患者受入が困難な場合、東京都全域で調整を行います。

ルールU 「トリアージ」の実施

緊急性の高い患者の生命を守るため、救急医療の要否や診療の順番を判断する「トリアージ」※3を、救急のさまざまな場面で実施しています。

お先にどうぞ

※3「トリアージ」

一般的には、災害発生時など多数の傷病者が一度に発生する特殊な状況下において、効率的に搬送や治療を行うため、傷病者の緊急度や重症度に応じて治療の優先順位を決定することを指します。
 東京ルールでは、平常時の救急医療提供において、一定の基準に基づいて、救急医療の要否や診療の順番を判断することを指しています。

ルールV 都民の理解と参画

都民の大切な「社会資源」である救急医療を守るために都民一人ひとりが適切な利用を心がけます。救急車、医療機関、医師や看護師などの数は、無限ではありません。
医療は、「限られた資源」であることをご理解の上、助け合う気持ちをもって適切な利用をお願いします。

お先にどうぞ

「救急医療の東京ルール」についての詳しいお問合せは、東京都福祉保健局医療政策部救急災害医療課におたずねください。
(東京都福祉保健局 医療政策部救急災害医療課 03-5320-4427)

≪病院へ行く? 救急車を呼ぶ? 迷ったら…「#7119」

病院へ行く? 救急車を呼ぶ? 迷ったら…「#7119」

知ろう 使おう #7119(作者 古川 康平さん 府中市在勤)

1 「 #7119」東京消防庁救急相談センター

東京消防庁では、急な病気やケガで「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口として、東京消防庁救急相談センターを開設しております。

救急相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、医療機関案内と救急相談に24時間・年中無休で対応しています。

受付番号#7119は携帯電話、PHS、プッシュ回線からご利用いただけます。

その他の電話、または繋がらない場合、23区は03(3212)2323、多摩地区は042(521)2323からご利用ください。

救急相談センターの業務内容

2 東京版 救急受診ガイド(日本語・ウェブ版、冊子版)について

急な病気やケガをした際に、「今すぐ病院に行くべきか」「救急車を呼ぶべきか」迷った時に自ら緊急性の判断ができる「東京版救急受診ガイド」を東京消防庁ホームページ上で提供しており、パソコン、スマートフォン、携帯電話から利用することができます。

「東京版救急受診ガイド」は、59の症状から該当する症状について、表示された質問から当てはまるものを選択することで、病気やケガの緊急性の有無、受診の必要性、時期、科目のアドバイスを得られるサービスです。

なお、インターネット環境を持たない都民向けに冊子版も提供しています。「東京版救急受診ガイド」をいつでも利用できるように、下記のQRコードを携帯電話またはスマートフォンで読み取り、登録しましょう。

ウェブ版の利用方法・サービス内容

スマートフォン・携帯電話やパソコンから東京消防庁ホームページにアクセスして『東京版救急受診ガイド』をご利用ください。

<3つのアドバイスを提供>
  • ●けがや病気の緊急性
  • ●受診する時期
  • ●受診する科目

※リンクから受診可能な病院検索もできます。

※緊急性があると思われる場合は、ためらわず救急車(119番)をお呼びください。

東京版救急受診ガイド 緊急度概要
  • スマートフォンは
    こちらから

    スマートフォンはこちらから QRコード
  • 携帯電話は
    こちらから

    携帯電話はこちらから QRコード

3 東京版 救急受診ガイド(英語・ウェブ版)について

都内で外国の方が急な病気やケガをした際に安全・安心を提供するツールとして、東京版救急受診ガイド(英語・ウェブ版)を当庁ホームページで提供しています。

東京版救急受診ガイド(日本語・ウェブ版)と同様に、59の症状について、利用者自らが質問に答えることで、ご自身の症状の緊急性や受診科目、受診する時期などを確認できます。

  • 東京版 救急受診ガイド(英語・ウェブ版)QRコード
  • 東京版 救急受診ガイド(英語・ウェブ版)イメージ

4 患者等搬送事業者(民間救急)の搬送サービスの利用について

緊急性のない通院や入退院、病院から他の病院への転院などの際に交通手段が必要なときは、東京民間救急コールセンターにお問合せください。

東京都民救急コールセンター

東京民間救急コールセンターでは、最寄りの民間救急(寝台専用又は車椅子専用)又はサポートCab(タクシー)を案内しています。搬送費用は有料となります。
※緊急性がある場合は、迷わず119番通報により救急車を要請してください。

≪いざという時には≫

1 バイスタンダーによる AED の効果について

平成16年から医療従事者以外の方によるAED(自動体外式除細動器)の使用が認められ、平成17年からはAEDの使用方法が救命講習の内容に組み込まれました。
 このことにより、バイスタンダー(救急現場に居合わせた人)によるAEDの使用事案も年々増加し、令和元年中は165名の方々が医療機関到着前に心拍が再開するなど、その効果は顕著に表れています(図4参照)。
 AEDは現在、駅、空港、市・区役所、学校、交番、商業施設など、様々な場所への設置が進んでいます。AEDの使用が必要な場合に慌てることのないよう、日頃からAEDの使い方を含めた応急手当の知識・技術を身に付けるとともに、身近に設置されているAEDの位置を全国AEDマップ等で確認しておくことで、ひとりでも多くの尊い命を救うことに繋がります。

  • AEDってどんなもの?

  • いろいろな機種のAED

  • 施設に設置してあるAED

バイスタンダーによる AED の効果

図4 バイスタンダーがAEDを用い除細動(電気ショック)を実施した件数と心拍が再開した件数
※市民目撃がある心停止の場合

2 バイスタンダーの奏効事例について

実際にバイスタンダーが応急手当を行い、尊い命を救った事例を紹介します。
 このような緊急の事態に遭遇した場合、適切な応急手当が実施できるように、日頃から応急手当に関する知識と技術を身につけておくことが大切です。

【事例1】 飲食店内で食事中の男性客が倒れ、店員の応急手当により救命した事例

60歳代の男性が、飲食店にて食事中に椅子からずり落ち倒れました。店員が駆けつけ、店長に知らせ、119番通報を実施。知らせを受けた店長が窒息したと判断し、異物除去法(背部叩打法・ハイムリック法)を実施、その後、呼吸がなくなったため、仰臥位に体位変換し、胸骨圧迫を行いました。救急隊到着時には意識、呼吸、脈拍が回復していました。
 応急手当を行った方は、以前に上級救命講習を受講しており、またこの飲食店ではこの事案の直前に、エリアグループの講習会で異物除去の応急救護訓練を行っていました。

【事例2】 駅構内で男性が倒れ、高校生と駅員の連携により救命した事例

駅のホーム上で80歳代の男性が突然崩れるように倒れました。目撃した人が声をかけるも反応が無いため119番通報を実施。騒ぎを聞きつけ駅員と通学途中の高校生3名が駆けつけました。駅員が胸骨圧迫を開始し、高校生1名が、携帯していた人工呼吸用マスク(一方向弁付き)を活用し人工呼吸を実施、他の2名はAED装着等を行いました。その後、AEDのメッセージに従って、電気ショックを実施し、胸骨圧迫を継続して救急隊の到着を待ちました。救急隊が到着した時には、呼吸及び脈拍が回復しており、病院到着前には意識も回復しました。
 高校生の通う高校では、定期的に救命講習を開催しており、生徒達も講習を受講していました。

3 応急手当のアドバイスについて

119番通報後、傷病者の状況等を確認するため、救急隊が到着するまでの間に災害救急情報センター管制員や救急隊員から、状況に応じてバイスタンダーに必要な応急手当のアドバイスを行う場合があります。

【事例3】 応急手当のアドバイス(口頭指導)に従い、応急手当を実施し救命した事例

10か月の乳児が自宅でゼリーを詰まらせ倒れ、母親が119番通報を実施しました。119番通報を受けた災害救急情報センター管制員は、聴取した内容から窒息のため緊急性が高いと判断し、母親に対して胸骨圧迫のやり方についてアドバイスを行い、母親が胸骨圧迫を実施しました。救急隊到着時には呼吸、脈拍が回復していました。
 母親からは、「教えてもらった方法で応急手当を行ったらゼリーが取れ呼吸をし始めました。」との感謝の言葉がありました。

4 応急手当時の感染防止について

いざというとき、応急手当を行う方の感染を防止するため、以下の点に気をつけてください。

@自分のマスクがあれば着用しましょう。

A 意識や呼吸の確認は、倒れている人の顔と応急手当を行う方の顔があまり近づきすぎないようにします。呼吸の確認は、胸とお腹の動きを見て行います。

B胸骨圧迫を開始する前に、倒れている人の口と鼻に、布やタオル、マスクなどがあればかぶせましょう。

C 応急手当を行う方が複数いれば、一人は部屋の窓を開けたりして、室内の換気をしましょう。

●倒れている人が大人の場合

胸骨圧迫のみを行い、人工呼吸は行わないでください。

●倒れている人が子どもの場合

人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思がある家族等は、胸骨圧迫に加えて人工呼吸を行います。人工呼吸用マウスピース(一方向弁付)等があれば、活用しましょう。

◆救急隊に引き継いだ後は

@口元にかぶせた布やタオル、マスクなどは、直接触れないようにして廃棄しましょう。

A 石けんを使い、手と顔をしっかり洗いましょう。

Bうがいをしましょう。

※119番通報後、救急隊が到着するまでの間に、災害救急情報センター勤務員や救急隊員が電話でアドバイスをすることがあります。
 ※AEDの装着と使用については、これまでどおり変更はありません。
 ※これらの対応は、今後予定されている蘇生ガイドライン2020改訂とは異なる一時的なものです。

≪救命講習について≫

心肺蘇生の方法は5年ごとに見直され、現在は、救急蘇生法の指針2015に基づいた講習を実施しています。
 救命講習を受けたことのない方は救命講習を受講し、また、前回の講習修了後から2年以上(3年以内)経過されている方は再講習を受講して、尊い命を救うため、応急手当に関する知識と技術を身につけましょう(表1参照)。

表1 主な講習会の種別
講習の種別 講習内容
応急救護講習
(希望する時間)
AEDを含む心肺蘇生、止血法及び外傷の応急手当要領等について学ぶコース(受講者の希望に応じて任意の時間で行う)
救命入門コース
(45分)(90分)
3時間の普通救命講習の受講が困難な都民及び小学校4年生以上を対象にした、胸骨圧迫とAEDの使用方法を中心に学ぶコース
普通救命講習
(3時間)
心肺蘇生(AEDを含む成人に対する方法)を中心に学ぶコース
普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習
(4時間)
普通救命講習の内容にAEDの知識確認と実技評価が加わったコース(AEDを一定頻度で使用する可能性のある方は、このコースを受講してください。)
普通救命再講習
(2時間20分)
前回の普通救命受講日から3年以内に再度受講するためのコース
普通救命
ステップアップ講習
(2時間)
救命入門コースを受講してから1年以内に受講することで、普通救命講習の認定証が交付されるコース
上級救命講習
(8時間)
AEDを含む救命処置のほかに、小児・乳児の心肺蘇生、けがの手当や搬送方法などを学ぶコース
上級救命再講習
(3時間)
前回の上級救命受講日から3年以内に再度受講するためのコース
上級救命
ステップアップ講習
(5時間)
普通救命講習または普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習を受講してから1年以内に受講することで、上級救命講習の認定証が交付されるコース
応急手当普及員講習
(24時間)
普通救命講習、普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習の指導要領を学ぶためのコース
応急手当普及員再講習
(3時間)
前回の応急手当普及員講習受講日から3年以内に再度受講するためのコース
○ 上記講習のほかに、カリキュラムの分割や東京消防庁電子学習室を活用し講習時間を短縮した講習など受講者に応じた講習を行っています。
○ 講習修了者には、認定証が交付されます(応急救護講習では認定証等の交付はされませんが、救命入門コースは受講証が交付されます)。
○ 講習に関する問合せ先
 東京消防庁管内の消防署、消防分署、消防出張所
 公益財団法人東京防災救急協会 救急事業本部
 講習受付  03(5276)0995(平日 午前9時〜午後4時)
 インターネットでの受付は http://www.tokyo-bousai.or.jp
 東京消防庁ホームページ(https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp)
(ホームページ内を以下のメニューに沿って進んでください。)
⇒「試験・講習」⇒「応急手当講習会」

≪応急手当奨励制度について≫

東京消防庁では、事業所や商店街、地域等の救命講習の受講に対する積極的な取り組みを奨励しています。平成30年4月より応急救護体制のさらなる強化を目指し、応急手当奨励事業所において、自主的な救命講習の開催が可能となりました。

応急手当奨励制度イラストイメージ

1 応急手当奨励制度とは

応急手当の普及に関し一定の要件を満たす事業所等へ、消防署長が救命講習受講優良証・優良マークを交付し、奨励事業所等を東京消防庁ホームページで公表しています。令和2年7月16日現在、1,449事業所等に対して交付しており、従業員等が行った応急手当の実施により、傷病者が救命された事例も多く報告されています。

救命講習受講優良証と優良マーク
交付要件
 ◆+(1または2)が交付要件となります。

◆ 事業所や商店街、地域等で、救命講習の普及を推進する応急手当普及員など※が養成され、救命講習の普及に活用されていること。

※ 応急手当普及員または応急手当指導員。以下「事業所普及員」とする。

1総数(従業員数等)の30%以上が、有効期限内にある救命講習修了者であること。

2救急部長が救命講習の実施状況や応急救護体制の整備状況から総合的に判断して優良と認める場合。

〜救命講習を事業所主体で開催可能に〜

 応急手当奨励事業所の事業所普及員等が、自ら従業員に対して東京消防庁の救命講習を開催できるようになりました。

 講習で使用する資器材(訓練用人形・訓練用AED等)を無償で貸し出します。※貸出条件あり

 事業所普及員は、一定の指導実績により再講習が免除になります。

認定証交付までの流れ

2 優良マークについて

このマークは「優良マーク」といって、建物などに掲示されています。このマークが掲示されている場所では、そこで働くなど多くの方が救命講習を受け、安心安全のための救護体制づくりが進められています。
 マークが掲示されている主な場所は、事業所・商店街・町会・自治会などで、東京消防庁のホームページに公表されています。


↑このページのトップへ戻る