このページの本文へ移動

東京消防庁

祭事等での火災を防ごう

祭事等での火災を防ごう

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない状況ではありますが、今後の状況によっては、地域等で人数などの制限をしながら祭事が開催されるかもしれません。その際の火災予防について十分注意してください。

≪火気器具を使うときには≫

カセットこんろやガスボンベ、調理器具などを間違った方法で使用すると大変危険です。また、熱を発生する照明器具に可燃物が接触すると出火の危険があります。

屋外でガスこんろなどの火気器具を使うときには次のことを必ず守りましょう。

1 消火器の準備

万が一のときに、適切に消火できるように 消火器を準備しましょう。

錆びていたり、変形していたりする消火器 は使わないでください。

火気器具イメージ

2 カセットこんろは正しく使う!

カセットこんろより大きな鍋を載せることや、こんろを並べて使うことはやめましょう。ボンベが破裂して爆発する危険があります。

また、燃料ボンベは容器の切り込み部分を本体容器受けガイドの突起部分に正しく合わせて取り付けてください。ガスが漏れて引火する危険があります。

カセットこんろは正しく使う イメージ

3 ホースの差し込み、ボンベの固定はしっかりと!

ガス器具のホースは、ひび割れ等いたみのないものを使用して、しっかり差し込み、バンドなどで締めましょう。

ホースの差し込みが足りないと、ガスが漏れて引火するおそれがあります。

ひび割れ等がないか確認するとともに、ホースバンド等で締め付けてください。

ホースの差し込み イメージ

ガスボンベが転倒するとガスが漏れるなどの危険があります。

転倒しないようにしっかりと固定してください。

ボンベの固定 イメージ

4 器具の周りは整理整頓!

器具の周りは整頓をし、ダンボールなどの燃えるものを近くに置いたり、不安定な状態で使ったりしないようにしてください。

器具 イメージ

5 設置方法をしっかり把握!

器具の設置方法を正しく理解しましょう。設置方法を間違えると、可燃物との安全な距離が保てず、火災となる恐れがあります。

器具 イメージ

6 十分に冷ます!

フライヤーを使うときには、揚げかすに熱がこもらないように、重ねて多量に放置しないようにしましょう。

火気器具イメージ

7 ガソリンの適正管理!

ガソリン携行缶は、高温部(使用中の発電機など)の近くや直射日光のあたる所に置かないでください。

火気器具イメージ

8 照明器具は可燃物から離す!

熱を発生する照明器具等を段ボール、木板等の可燃物に近接して設けないでください。

段ボールイメージ

≪消防署への届出について≫

火気を使用する露店等を開設する場合は、消火器の準備や消防署への届出等が必要となります。

1 火気器具を使用するときには消火器を準備しましょう

調理器具や発電機など火気器具を使うときには消火器を準備してください。

消火器準備 イメージ

2 露店等の開設を届出しましょう

露店等で火気を使用する場合には、露店等の開設の3日前までに消防署長に届出てください。

開設届 イメージ

↑このページのトップへ戻る