このページの本文へ移動
東京消防庁神田消防署最近の出来事

最近の出来事

神田消防署の最近の出来事を紹介します。

実施日 内容
令和2年
1月18日・19日
雪だるまフェアに「卓球(きゅー)タだるま」で参加!
〈優秀賞〉をいただきました!

 神田小川町雪だるまフェア実行委員会が主催する「第19回神田小川町雪だるまフェア」に参加し、靖国通り沿いの歩道で消防広報を実施しました。
令和2年
1月6日
神田神社年始消防特別警戒を実施

 多くの企業が仕事始めとなった大安の6日、約35万人の参拝者が商売繁盛の神様「えびす様」を祀る神田明神を訪れ、祈願やお祓いをしました。
令和元年
12月19日
消防総監感謝状を贈呈

 迅速・的確な救命活動を行った4名のバイスタンダーの方のうち2名に消防総監感謝状を贈呈しました。
 中華料理店で食事中の男性が突然倒れ、心肺停止状態になり、居合わせた客や警備員が迅速な通報、確実なAEDを使った心肺蘇生法を実施した結果、男性の命が救われ、無事社会復帰することができました。
 なお、他の2名の方には12月24日に感謝状を贈呈いたします。
 
令和元年
11月14日
防火のつどいを開催

第一部で火災予防業務協力者等に対する表彰式を。第二部で米村でんじろうさんをお招きして、防火防災講演会を開催しました。
 防災に役立つ炭素電池の作り方やでんじろう先生の代名詞ともいえる空気砲をご披露いただき、会場は大いに盛り上がりました。
 令和元年
9月13日
 令和元年度自衛消防訓練審査会を実施

 ★審査結果はこちら
 
 管内の30の事業所、計36隊が参加し、訓練成果を遺憾なく発揮しました。
 今回の審査会では、実際の状況に近い狭いビルの屋内通路を想定し実施しました。
 参加した隊員からは、「この審査会に参加することで、各個人の自衛消防技術が格段に上がります!」との声が聞かれました。
 

 令和元年
9月12日
 救急業務への協力に対し、感謝状を贈呈しました!
 
 日頃の救急業務への協力に対し、救急部長感謝状と神田消防署長感謝状合わせて、10団体と個人5名に感謝状の贈呈を行いました。
 受賞者には、救急現場でバイスタンダーから救急隊へと引き継ぐ一連の活動訓練をご見学いただきました。
 今後も、救急業務に日頃ご協力いただいてる関係者の方々への感謝を忘れず、救急活動を行っていきます。

  令和元年
8月24日
 はたらく消防の写生会表彰式を実施!

 
 第1部の表彰式には、 管内小・中学校4校から入選以上ばれた生徒とご家族、各校の校長先生、図工の先生、また作品展示にご協力いだてるアトレ秋葉原店の店長など、約80名が参加し盛大に行われました。
 また、 第2部では受賞されご家族全員体験きる『防災ツアー』が開催、今回は新コーナーとして新型の避難器具(UDエスケープ)体験コーナーとゴーグルをつけてリアルな火災体験できるVRコーナー設置。ほとんどの方が初めて体験ということで、興味を持っていただきどちらも大好評。地域の災害時支援ボランティアの協力を得て、色々な防災体験を親子で楽しむ機会を提供できました。
 


 令和元年
5月20日
 神田はしご小隊運用開始式

 更新配置となる神田はしご小隊の運用開始式を行いました。

旧はしご車は神田の街で15年間の役目を終え、たすきを渡しました。
 新車両は、最大地上高30mのコンピューター制御による操作装置及び安全装置を採用したバスケット型4連はしごで伸縮水管、バスケットにリモコンノズル等を装備した外国製のはしご車です。

 
 平成31年
4月22日
はたらく消防の写生会を実施!

 晴天の空の下、児童たちは救急車、ポンプ車、消防団の過搬ポンプ積載車、それぞれ描きたい車の前に陣取り、画用紙いっぱいに思い思いの消防車両を写生していました。
 

↑このページのトップへ戻る