このページの本文へ移動
東京消防庁尾久消防署尾久ニュース>春の火災予防運動

令和2年 春の火災予防運動

実施期間

 令和2年3月1日(日)〜3月7日(土)

火災予防運動の目的

 都民の皆さまに防火防災に関する意識や防災行動力を高めていただくことにより、火災の発生を防ぎ、万一発生した場合にも被害を最小限にとどめ、火災から尊い命と貴重
な財産を守ることを目的としています。

平成31年1月〜令和元年12月末までの尾久消防署管内の災害状況

 ◆火災件数
  平成31年1月〜令和元年12月末までに尾久消防署管内で発生した火災は18件で、昨年と比べて6件減少しました。焼損床面積は142平方メートルで、昨年と比べて102平方メートル増加しています。

 ◆主な出火原因
   「放火」「たばこ」「ガステーブル等」「電気関係」による火災が多く発生しました。

 ◆最新の災害状況は
こちら

火災を発生させないために

 ◆火災を予防するために
  火災の怖さを真剣に考えたことがありますか?  ポイントをチェックして、防火対策を見直しましょう。
 

春の火災予防運動中の主な行事


   火災予防フェスティバルは、尾久消防署の判断により中止としました。
   ご理解の程、よろしくお願い致します。


 ◆火災予防フェスティバル
  日時 令和2年3月1日(日)
      午前10時00分〜午後3時00分

  場所 荒川遊園グランド
      (荒川区西尾久六丁目35番11号)

  内容 @煙体験ハウス
      A車両展示
      Bミニカー及び子供用防火衣による記念撮影
      C荒川消防署・中学校防災部による活動披露

 ◆防火防災診断
  日時 春の火災予防運動期間中

  実施町会  西尾久八丁目町会、西尾久東町会、
         東尾久四丁目中央町会、原町会、
         東尾久四丁目上町会、荒川区大門町会、
         町屋一丁目南町会、ツインシティ町会、
         東尾久二丁目東町会、東尾久赤土町会

  内容 消防団員、消防職員等がお住まいを訪問し、防火防災についてのアドバイスを行います。
  ※消防職員が、消火器や住宅用火災警報器等を販売することはありません。
    悪質な訪問販売にご注意ください。

               

↑このページのトップへ戻る