このページの本文へ移動
東京消防庁尾久消防署尾久ニュース>春の火災予防運動

令和2年 秋の火災予防運動

実施期間

 令和2年11月9日(月)から11月15日(日)まで             

火災予防運動の目的

 都民の皆さまに防火防災に関する意識や防災行動力を高めていただくことにより、火災の発生を防ぎ、万一発生した場合にも被害を最小限にとどめ、火災から尊い命と貴重な財産を守ることを目的としています。

              令和2年度東京消防庁防火標語
       「もう一度 確認 安心 火の用心」
             【作者 菅野 珠加さん(江戸川区在住)】

                    

令和2年年1月〜令和2年10月末までの尾久消防署管内の災害状況

 ◆火災件数
   令和2年1月から令和2年10月末までに尾久消防署管内で発生した火災は19件で、昨年と比べ  て5件増加しました。焼損床面積は41平方メートルで、昨年と比べて101平方メートル減少してい   ます。

 ◆主な出火原因
  「電気関係」「ガステーブル等」「たばこ」「放火」による火災が多く発生しました。

 ◆最新の災害状況は
こちら

火災を発生させないために

 ◆火災を予防するために
  火災の怖さを真剣に考えたことがありますか?ポイントをチェックして、防火対策を見直しましょう。
 

秋の火災予防運動中の主な行事


 ◆荒川区広報番組『こんにちは荒川区』ケーブルテレビに出演

  日時 令和2年11月9日(月)から11月15日(日)まで
      1日4回放送(9時・12時・18時・21時)

  場所 ケーブルテレビ放送

  内容 主題:「秋の火災予防運動−住宅に潜む火災危険」
      ・住宅に潜む火災危険
      ・備えて安心!住宅用防災機器⇒キュータも出演!いざという時に備えよう
      ・消毒用アルコールの取り扱いに注意
      ・消防署からのお知らせ

 ◆都電による火災予防PR

  日時 令和2年11月9日(月)から11月15日(日)まで

  内容 東京さくらトラム(都電荒川線)の全車両に「火災予防」の小旗を掲出

               

↑このページのトップへ戻る