このページの本文へ移動
東京消防庁>安全・安心 >日常生活における事故情報 >歩きスマホ等に係る事故に注意!

タイトル画像:歩きスマホ等に係る事故に注意!

1 年別救急搬送人員

東京消防庁管内※1では平成26年から平成30年までの過去5年間で“歩きながら”“自転車に乗りながら”などの歩きスマホ等に係る事故により、201人が救急搬送されています。平成30年は38人が救急搬送されています(図1)。

グラフ画像:図1 年別救急搬送人員

図1 年別救急搬送人員

画像:歩きスマホ等に係る事故

2 年齢区分別救急搬送人員

年齢区分別の救急搬送人員では、20歳代が40人と最も多く、全体的に見ると20歳代から50歳代の救急搬送が多くなっています(図2)。

グラフ画像:図2 年齢区分別救急搬送人員

図2 年齢区分別救急搬送人員

  1. ※1 東京都のうち稲城市、島しょ地区を除く地域

3 事故種別ごとの救急搬送人員

事故種別ごとの救急搬送人員では、“人”“モノ”“自転車”などに「ぶつかる」事故が86人と最も多く、全体の4割以上を占めています。次いで「ころぶ」が62人、「落ちる」が48人となっています(図3)。

グラフ画像:図3 事故種別ごとの救急搬送人員

図3 事故種別ごとの救急搬送人員

4 初診時程度別救急搬送人員

初診時程度別にみると、全体の約8割が軽症でしたが、39人が入院の必要があるとされる中等症以上と診断されています(図4)。

グラフ画像:図4 初診時程度別救急搬送人員

図4 初診時程度別救急搬送人員

5 場所別救急搬送人員

場所別の救急搬送人員では、「道路・交通施設」が151人と最も多く全体の7割以上を占めており、歩道や駅などで多く発生しています(図5)。

画像:図5 場所別救急搬送人員

図5 場所別救急搬送人員

6 発生時動作別救急搬送人員

発生時動作別の救急搬送人員では、“操作しながら”が83人と最も多く全体の4割以上を占めており、次いで“画面を見ながら”が55人となっています(図6)。

また、その内訳をみると、「歩きながら」の“操作しながら”“画面を見ながら”の事故が全体の約6割を占めています(表1)。

グラフ画像:図6 発生時動作別救急搬送人員

図7 発生時動作別救急搬送人員

画像:表1 発生時動作別救急搬送人員の内訳

表1 発生時動作別救急搬送人員の内訳

7 事故事例

ぶつかった事例

スマートフォンを見ながら歩いていたところ、後部ドアが開いた配達車両に気付かず、頭部をドアにぶつけ受傷した。

【20代 軽症】

歩道を歩行中に、前からスマートフォンを操作しながら歩いてきた歩行者とぶつかって転倒し、受傷した。

【80代 軽症】

ころんだ事例

マンションのロビーで携帯電話を見ながら歩いていたところ、高さ約20cmの段差に気付かず転倒し、足首を受傷した。

【50代 軽症】

落ちた事例

飲酒後に帰宅途中、駅のホームでスマホを操作していたところ、誤って線路に転落した。

【50代 軽症】

画像:スマートフォンを使用しながらホームを歩行中、誤って軌道敷に転落

事故を防ぐために
  • 歩行中に携帯電話やスマートフォン等を操作したり、画面を見ることは、周囲が見えなくなるため大変危険です。立ち止まって安全な場所で使用しましょう。また、自転車を運転中の携帯電話の使用は禁止されています。自分自身がけがをするだけでなく、周囲の人にけがを負わせることもありますので注意しましょう
  • 携帯電話やスマートフォン等を使用しながら歩いている人や、自転車に乗っている人と接触し受傷する事故も多く発生しています。駅などの人混みや、夜道などの見通しが悪い場所では特に気をつけましょう。

東京都道路交通規則第8条

「自転車を運転するときは、携帯電話用装置を手で保持して通話し、又は画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。」
【罰則】5万円以下の罰金

※ 東京都道路交通規則が一部改正され平成21年7月1日に施行されました。