このページの本文へ移動

東京消防庁

東京消防庁 消防防災資料センター

江戸から現代までの消防の歴史に触れながら
防火・防災を学べる消防博物館!

消防博物館について

消防博物館は、正式には東京消防庁消防防災資料センターといいます。
 東京の安全と安心を進める消防がまるごとわかる広報・教育施設として1992年12月3日に開館しました。
当館には、消防関係の資材、書籍などを含む、約8,000点の資料を所蔵しており、江戸の消防に関する錦絵、瓦版、古文書、消火道具や明治時代から現在に至るまでの消防ポンプ、防火衣、消防活動資器材などの実物を中心に展示しています。

  • 2020年
カレンダー
● 新着情報

 開館及び開館時間の短縮等のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、臨時休館としておりましたが、緊急事態宣言の解除を受けて、令和2年6月2日(火)から開館時間等の短縮を行い、開館いたします。
開館日:火曜日から日曜日、開館時間:9時30分〜16時00分
図書資料室は、水・金・日14時30分から16時00分まで
 ただし、入館者数及び使用できる展示を制限しておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
また、東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」直結の入り口は、当面の間閉鎖させていただきます。


 ご来館の皆様へご協力のお願い

 ○入館時に検温を実施します
 ○入館時に手指消毒をお願いします。
 ○入館中はマスクを必ず着用してください。

  マスクを着用されていない場合、入館はできません(お子様含む。ただし2歳未満のお子様については、付添の方の判断にお任せします。)。
 ○入館時は、東京版新型コロナ見守りサービスへご登録いただくか、記録票に「氏名・緊急連絡先等」を記入していただきます。
 ○以下に該当する項目がひとつでもある場合、ご来館はご遠慮願います。
   ◇ 37.5℃以上の発熱
   ◇ 咳(せき)、のどの痛みなど風邪の症状
   ◇ 過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある

 ○入館の待機時や館内では、ソーシャルディスタンス確保のため、他のお客様と間隔をあけてください。

○休止する展示物等

階層 展示物名 備考
10階 防災ラウンジ 食事禁止
3階 なろうよ!消防士 休止
空の消防隊 休止
防火衣着装 休止

○職員のマスク着用及び検温の実施を行い、館内の定期的なアルコール消毒等感染防止に取り組んでおります。

○新型コロナウイルス感染状況等により、臨時休館となることがあります。

所在 〒160-0004 東京都新宿区四谷3丁目10番
電話番号 03-3353-9119
FAX番号 03-3353-9925
E-mail hakubutsukan@tokyo-bousai.or.jp
アクセス
  • 東京メトロ丸ノ内線 …………「四谷三丁目駅」2番出口
  • JR中央本線 ………… 「信濃町」駅・「四ツ谷」駅から徒歩各約12分
  • 都営新宿線 …………「曙橋」駅から徒歩約7分
開館時間 午前9時30分〜午後5時
(図書資料室は水・金・日の午後1時〜午後4時30分)
休館日 開館状況カレンダー
毎週月曜日(国民の祝日に当たる場合は開館し、翌日を休館とさせていただきます。9月1日の防災の日、10月1日の都民の日、1月17日の防災とボランティアの日が月曜日にあたる場合は、開館いたします。
年末年始:12月29日〜1月3日
入館料 無料