このページの本文へ移動
東京消防庁第九消防方面本部機動部隊トップページ機動特科隊>特科車両紹介

特科車両紹介

重機搬送車

車両概要

全長 12,000 ミリメートル 重機搬送車
全幅 2,500 ミリメートル
全高 3,800 ミリメートル
車両総重量 25,000 キログラム

25トン級トラックシャーシに、大・小のドラグショベル2台を積載し、災害現場へ搬送します。

救助車に積載している救助資器材では対応困難な救助活動現場や、工場や倉庫などの火災現場での障害物除去等に大きな力を発揮します。

屈折放水塔車

車両概要

全長 10,500 ミリメートル 屈折放水塔車
全幅 2,500 ミリメートル
全高 3,700 ミリメートル
車両総重量 21,000 キログラム

屈折2塔式放水塔を装備し、最大22メートルの高所からの放水が可能です。また、消火薬剤タンクを積載しており、泡放射も可能です。

危険物火災や高所火災等で絶大な威力を発揮します。

排煙高発泡車

車両概要

全長 7,590 ミリメートル 排煙高発泡車
全幅 2,400 ミリメートル
全高 3,250 ミリメートル
車両総重量 9,965 キログラム

建物内に充満している煙を排出するほか、窒息消火用の泡を大量に発泡するための送風装置、発砲装置、泡剤混合装置を装備しています。

普通ポンプ車

車両概要

全長 6,550 ミリメートル 普通ポンプ車
全幅 2,300 ミリメートル
全高 2,760 ミリメートル
車両総重量 10,795 キログラム

A−1級の消防ポンプ、ハイルーフ型のキャブ、消火剤混合装置、垂直式ホースカー昇降装置等を装備するとともに、東日本大震災から得た教訓を踏まえノーパンクタイヤを装着した動力ホースカー及び放水銃座付きホースカー各1台を積載しています。


↑このページのトップへ戻る