このページの本文へ移動
東京消防庁第九消防方面本部>紹介

紹介

管内特性

第九消防方面本部は、東京消防庁管轄地域の約50パーセントを占める東京都の西多摩地域・南多摩地域の8市3町1村169万人の都民の方々の生命と財産を守るため、8署(八王子消防署、青梅消防署、町田消防署、日野消防署、福生消防署、多摩消防署、秋川消防署、奥多摩消防署)、1分署(由木分署)、21出張所と連携して、管轄する地域の防災を担っております。その面積は、約879.19平方キロメートルで、周辺は埼玉県、山梨県、神奈川県と接する地域にあります。

特に、東京消防庁管内で山岳地域を有するのは、第九消防方面本部のみであり、八王子消防署、青梅消防署、秋川消防署、奥多摩消防署の4署にそれぞれ山岳救助隊が配備されています。

また、平成25年3月30日に、東日本大震災での教訓から、大規模複合災害に備え、東京都の防災力をさらに強化するために、東京消防庁で5番目となる専門の知識・技術・装備を備えた第九消防方面本部消防救助機動部隊(通称:9本ハイパーレスキュー)が発隊し、NBC災害の専門部隊である3本ハイパーレスキューとの相互補完体制を構築するため、通常のハイパーレスキューの装備の他に、鉛板及び水槽でボデーを覆い、放射線防護機能を有した「特殊災害対策車」や、陽圧機能を有し、悪路走破性が高い6輪駆動の「高踏破偵察車」などが整備されました。

当方面は、都市型市街地、住宅密集地、丘陵住宅団地郡、米軍横田基地、高速道路、湖水、山岳地帯のあらゆる消防対象物が存在する地域で、災害の発生も多種多様であり、消防の見地から見て、全国消防の縮図とも言えます。

消防方面本部の仕事

消防方面本部は、東京消防庁(本庁)と消防署、消防署相互間の消防事務に関する調整、指導などを行い、常に消防業務の円滑な推進に取り組んでいます。

管内で発生した一定規模の火災や救急・救助事象などの災害に出場し、方面本部長による部隊の指揮活動や指揮支援を行っています。

また、震災、水災などの大規模災害発生時には、方面内の消防力を組織的に対応するため、方面内の消防署間の部隊運用調整を行い、災害状況により方面内の消防部隊の出場や指揮統制を図ります。

消防方面本部の組織

組織図

↑このページのトップへ戻る