このページの本文へ移動
東京消防庁本田消防署>お知らせ

お知らせ

                                               
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(フリーソフト)がインストールされている必要があります。
Adobe ReaderはAdobe社のWEBサイトからダウンロードできます。
adobe reader ダウンロード
 

「第71回はたらく消防の写生会」開催のお知らせ
  (本田消防署管内の小中学校対象)

 東京消防庁では、東京都のデジタルトランスフォーメーションの視点から、現在ファクシミリを使用している業務について、電子メール等への移行を推進しております。
 本行事に関するご担当者の先生方との文書取り交しにつきまして、電子メール利用のご協力をお願いいたします。
また、ご利用になるメールアドレスは学校代表のメールアドレスでのご利用をお願いいたします。
 本田消防署と学校ご担当者との電子メールを利用した文書取り交しについて、葛飾区教育委員会からもご理解とご協力をいただいております。

2月18日(金)までに、参加不参加のご回答をお願いします。

参加ご希望の学校

申込用紙に必要情報を入力し、下記メールアドレス宛に添付・送信してください。

はたらく消防の写生会申込用紙(word20.4KB)

参加されない学校

①「学校名」
②「ご担当先生お名前」
③「写生会不参加」
④「不参加の理由(例:開催時期が合わない等)」

メール本文に、上記4点を記入し、下記メールアドレス宛に送信ください。

メールアドレス(はたらく消防の写生会専用)

honden3@tfd.metro.tokyo.jp
※緊急通報にはご利用いただけませんのでご注意ください。

問合せ先

  本田消防署 防火管理係 電話03-3694-0119 内線521

自衛消防訓練を実施しましょう!

自衛消防訓練とは

「自分たちの事業所は自分たちで守る」というのが、自衛消防の基本理念です。
自衛消防訓練は、災害発生時に消防隊が到着するまでの間、事業所自身による「人命の保護」、「災害の拡大防止」等の措置がとれるよう習熟するために必要なものです。
自衛消防訓練の実施は、建物所有者などの管理権原者に対して消防法により義務づけられており、また、防火管理者等の責務でもあります。


リーフレットはこちら(PDF1666KB)

自衛消防訓練実施の流れ

1 実施計画をたてる

各事業所で作成した消防計画に基づき、定期的に実施してください。
飲食店、物品販売店舗等の特定用途防火対象物については、年2回以上の訓練の実施が義務付けられています。
訓練を難しく考える必要はありません。例えば「朝礼の時に消火器を使って消火訓練をする」、「退社時に避難訓練を行う」など、ちょっとした時間を活用しましょう。



2 消防署へ事前に通知する

訓練の実施が決まったら、消防署へ通知しましょう。通知の方法は下記のとおりです。
※資器材の貸出しや職員の派遣等をご希望の場合は、通知の前にご相談ください。


自衛消防訓練通知書(PDF108KB)の提出
「東京共同電子申請・届出サービス」の電子申請を利用
   初回に限り利用者登録が必要ですが、初回登録以降は訓練報告が非常に便利です。
※電子申請サービスでは、資器材の貸出しや職員の派遣要請等を伴う届出はできません

パソコンの方はこちら(東京共同電子申請・届出サービスサイトへ)
スマートフォンの方はこちら(東京共同電子申請・届出サービスサイトへ)


3 いよいよ訓練!

通報訓練:119番通報の方法、放送設備の使い方などを覚えます。
消火訓練:消火器や屋内消火栓の使い方を覚えたり、実際に使ったりします。
避難訓練:階段などの避難経路を使って安全な場所まで避難してみます。
総合訓練:火災等を想定し、通報・消火・避難の3要素を含む一連の訓練を行います。

使用する資器材を事前に点検するなど、安全面に十分配慮し実施してください。
また、個人の体力やその日の体調に配慮し、無理のない訓練を実施してください。

訓練動画はこちら(東京消防庁ホームページへ)


4 訓練が終わったら…

自衛消防訓練実施結果記録書(PDF94KB)を作成し、次回以降の訓練に反映してください。
また、必要に応じて消防計画の見直しを行ってください。
※実施結果記録書は、3年間保管しておきましょう。


問合せ先

  本田消防署 自衛消防担当 電話03-3694-0119 内線537

防火防災診断を受けてみませんか?

本田消防署は、民生委員やNPO法人、区役所防災課職員と連携して、ご家庭の防火防災診断を実施しています。

防火防災診断とは、消防職員が火事や地震などに関する住居内の安全性のチェックを行うことです。

「うちも実施してほしい」などのご要望がありましたら、お気軽にご相談ください!


※消防職員が、防火防災機器の販売やあっせんを行うことはありません。
  悪質販売等にご注意ください。

問合せ先

 防火防災診断について
   本田消防署 地域防災担当 電話03-3694-0119 内線311

  

子ども用ミニ空気呼吸器がつくれる!

子ども用ミニ空気呼吸器が、ペットボトルと百均素材等で手軽につくれます!
カッコいい空気呼吸器づくりにチャレンジしてみてください。

 子ども用空気呼吸器装着状況写真 
空気ボンベ装着状況
モデル:5歳男児

  マニュアルは下のデータをダウンロードしてください。

ほんでん式子ども用ミニ空気呼吸器制作マニュアル(PDF1,521KB)
  A4用紙で小冊子印刷を推奨

ほんでんオリジナル空気ボンベ用シール(PDF380KB)
  A4用紙印刷用

東大阪市消防局が作成した「ミニ空気呼吸器作成マニュアル」を参考に作成しました。

東大阪市消防局のホームページはこちら

問合せ先

本田消防署防火管理係 03-3694-0119



↑このページのトップへ戻る