このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心情報防災トピックス>第19回地域の防火防災功労賞選考結果のお知らせ

第19回地域の防火防災功労賞選考結果のお知らせ

概要

「地域の防火防災功労賞」は、阪神・淡路大震災から10年目の節目にあたる平成16年6月に、地域防災力の向上を図ることを目的として創設されました。町会・自治会や事業所等の防火防災に関する取組について募集し、表彰することで広く都民に紹介するものです。

今年も町会・自治会や事業所等が主体となった、地震、風水害等の自然災害に関する地域の取組や、地域が実施する住宅防火に関する取組など、76事例の応募があり、令和4年9月14日(水)に第19回地域の防火防災功労賞選考委員会において選考が行われ、各賞が決定いたしましたので、お知らせいたします。

選考委員会

選考委員会の構成

梶 秀樹   委員長(筑波大学 名誉教授)
関澤 愛   委員 (東京理科大学 教授)
池上 三喜子 委員 (公益財団法人 市民防災研究所 理事)
伊村 則子  委員 (武蔵野大学 教授)
山本 豊   委員 (公益財団法人 東京防災救急協会 副理事長)
水野 寿   委員 (公益財団法人 東京連合防火協会 専務理事)
福永 輝繁  委員 (東京消防庁 防災部長)

審査基準

  • 先駆性(創意工夫を凝らした先駆的な取組をしている)
  • 継続性(長期間にわたった努力が認められる)
  • 適時性(社会環境や住民のニーズの変化を捉えた取組をしている)
  • 地域特性の反映度(地域特性に合わせた独特の工夫がある)
  • 地域への貢献度(地域の防火防災力の向上に貢献している(可能性を含む))

審査結果

別表のとおり、以下の団体が決定しました。

                                                  
最優秀賞 (東京消防庁消防総監賞)    3団体
優秀賞 (東京消防庁防災部長賞)    4団体
優良賞 (東京消防庁消防方面本部長賞)   10団体

表彰式

令和5年1月中旬に実施を予定しています。


別表

【受賞団体】

1 最優秀賞(消防総監賞) 3団体

団体名 事例名 管轄消防署
中央大学杉並高等学校だれも失わない学校づくり 荻窪
東京都立美原高等学校災害時に生徒自身が考えて判断・行動する
共助の担い手を育成するための総合防災教育
大森
DEUX TOURS
防災区民組織
超高層マンションにおけるオンライン環境を活用した安否確認体制の構築 臨港

2 優秀賞(防災部長賞) 4団体

団体名 事例名 管轄消防署
第八支会地区防災対策委員会
(青梅市自治会連合会第八支会)
自分たちのまちは自分たちで守る〜地域に根差した防災対策の推進〜 青梅
東京都立多摩桜の丘学園生徒一人一人に根ざした防火防災教育と地域に貢献する学園を目指して 多摩
府中市自治会連合会 DX 化で地域をリードする!デジタル自治会連合会!! 府中
本町二丁目町会防災会 「街角防災訓練」で防災意識向上 小金井

3 優良賞(方面本部長賞)10団体

団体名 事例名 管轄消防署
片倉台自治会自主防災隊 総合的防防災の取り組み八王子
絹ヶ丘一丁目自治会 丘陵住宅地における災害への「向き合い方」「折り合い」について八王子
成城地区自治会連合会安否確認標識掲示訓練
〜この地域から一人の犠牲者も出さないように!〜
成城
千住河原町自治会 住民高齢化に対応した水災対策向上施策千住
戸倉自治会東地区防災会 『自助』と『共助』。コロナ禍における地域防災力の向上を目指して国分寺
フォレストレイクひばりが丘
管理組合
大規模マンションの助け合い
フォレストレイクから広がる防災訓練
西東京
二葉三丁目町会震災時における総合的な組織力向上に向けた継続した取組み 荏原
宮元親興会、愛染自治会、板橋区
立板橋第三中学校、板橋消防団
近隣町会等と地域の将来の担い手が連携した震災対応訓練板橋
武蔵野市立第一小学校
一小地域防災ネットワーク
多用なネットワークで未来へつなぐ共助の輪〜学校と地域の連携〜武蔵野
谷河内南町会「誰もが助け合い、安心安全で心豊かに暮らせるまちづくり」地区防災計画江戸川

※ 各賞の並びについては、五十音順