このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心情報事業所向けアドバイス禁止行為と解除承認>禁止行為とは?

知っていますか?こんな場所での火気使用規制
禁止行為と解除承認


禁止行為とは?

 劇場や百貨店などの大勢の人で混雑する場所では、火災が起きると大きな災害になってしまいます。東京消防庁では、火災予防条例第23条において、不特定多数の人が出入りする一定規模の場所で行われる「喫煙」「裸火の使用」「危険物品の持込み」の行為を禁止行為として規制しています。

イラスト:禁止行為

火気の使用等の規制をしている場所は?

 劇場 百貨店 屋内展示場 飲食店 スタジオ ホテル 地下街 重要文化財 駐車場 高さ100m以上の建築物 駅舎・空港 などです。

イラスト:「指定場所」

 火気の使用等を禁止している場所を「指定場所」といいます。

 常設のものばかりではなく、倉庫を一時的に劇場として使用するなど一時的に禁止される用途となる場合にも、禁止されます。


禁止している行為は?


 指定場所では次の3つの行為を禁止しています。

 これらの行為を「禁止行為」と呼んでいます。


イラスト:「喫煙」 イラスト:「裸火の使用」 イラスト:「危険物品の持込み」
「喫煙」
「裸火の使用」
「危険物品の持込み」

喫煙とは?

 マッチ、ライター等で点火し喫煙する一連の行為をいいます。

イラスト:「喫煙」

裸火の使用とは?


 「炎」、「火花」又は「発熱部を外部に露出した状態で使用するもの」をいいます。
 火気使用設備器具のうち裸火に該当するかどうかは次表により判断します。

熱源

裸火に該当するもの

裸火に該当しないもの

気体燃料
(都市ガス,液化ガスなど)

右欄のようなものを除くすべてのもの

イラスト:裸火に該当するもの

直接屋外から空気を取り入れ、かつ、排ガスその他の生成物を直接屋外に排出する密閉式燃焼設備器具(FF型等)

液体燃料
(灯油,重油など)

固体燃料
(石炭,木炭など)

電気

・通常の使用状態で目視した時、赤熱して見える発熱部が外部に露出しているもの
・外部に露出した発熱部で、可燃物が触れた場合に瞬時に着火するおそれのあるもの
(発熱部の表面温度がおおむね400℃以上のもの)

発熱部が焼室、風道又は庫内に面しているもの(トースター、ヘアドライヤー、電気オーブン等)

イラスト:裸火に該当しないもの


危険物品とは?


 火災発生の原因となり、また、火災を拡大させる危険性が高い次のようなものをいいます。

消防法で定める危険物

可燃性ガス

可燃性液体類・可燃性固体類

火薬類

イラスト:消防法で定める危険物

イラスト:可燃性ガス

イラスト:可燃性液体類・可燃性固体類

イラスト:火薬類


※日常の手指消毒用に第4類アルコール類の危険物(最大容積が500ミリリットル以下の容器に収納するものに限る。)を使用する行為は、「危険物品の持込み」にはあたりません。
 なお、交換・補充用に準備した別の容器を置いておく行為は、「危険物品の持込み」に該当するので、消防署長の解除承認を受ける必要があります。

指定場所の管理者等の任務は?

標識の設置


 禁止される行為に応じて、次のような標識を、建物の入口など見やすい箇所に設置しなければなりません。

禁    煙 火気厳禁 危険物品持込厳禁
禁煙標識 火気厳禁標識 危険物品持込厳禁標識
禁煙標識 火気厳禁標識 危険物品持込厳禁標識

詳細については、各消防署・予防課にご相談ください。
※ 当内容については東京消防庁管内において適用されるものです。




   目次に戻る