このページの本文へ移動

東京消防庁

東京消防庁 > 安心・安全 > トピックス > 住宅防火10の心得 > 7.住宅用火災警報器を全ての居室・台所・階段に設置し、定期的な作動確認をしましょう。

7

住宅用火災警報器を全ての居室・台所・階段に設置し、定期的な作動確認をしましょう。

住警器等設置有無別住宅火災100件あたりの死者発生件数
住警器等設置有無別住宅火災100件あたりの死者発生火災件数(令和3年住宅火災)

住宅火災100件あたりの死者発生火災件数を比べると、住宅用火災警報器等未設置住宅9.4件に対し、設置住宅は2.4件と約4分の1に減少しています

住警器等設置有無別住宅火災1件あたりの平均損害額
住警器等設置有無別住宅火災1件あたりの平均焼損床面積(令和3年住宅火災)

住宅火災1件あたりの平均焼損床面積を比べると、住宅用火災警報器等未設置住宅18.2uに対し、設置住宅は3.9uと約5分の1に減少しています。

※住宅用火災警報器等には、住宅用火災警報器の他に自動火災報知設備などの設備を含みます。

注目!

  • ◆住宅用火災警報器を全ての居室・台所・階段に設置する。
  • ◆定期的に(少なくとも半年に1回以上)点検をする。正常な場合は、正常を知らせる音声や警報音が鳴る。
    住宅用火災警報器の点検 イラスト
  • ◆設置から10年が経過したものは、電子部品の劣化等により火災を感知しなくなるおそれがあるため、機器本体を交換する。

住宅用火災警報器について詳しく知りたい方はこちらをクリック↓↓

住宅用火災警報器の点検 イラスト