このページの本文へ移動

東京消防庁

東京消防庁 > 安心・安全 > トピックス > 住宅防火10の心得 > 1.調理中は、こんろから離れないようにしましょう。

1

調理中は、こんろから
離れないようにしましょう。

住宅火災の出火原因で最も多いのは、こんろです。

こんろによる住宅火災の多くは、火をつけたまま離れる、火をつけていることを忘れることで発生しています。

また、火を使用しないIHクッキングヒーターについても、専用の鍋を使用しない、揚げ物調理の際に少量の油で加熱する等、適正に使用しないと火災になることがあります。

こんろが原因の出火件数 グラフ
出火原因別の住宅火災件数の推移(平成24年〜令和3年)

注目!

  • ◆調理中は離れない、離れるときは必ず火を消す。
  • ◆こんろの周りに燃えやすい物を置かない
  • ◆換気扇や壁、魚グリルなどは定期的に掃除する。
  • ◆火が鍋底からはみ出さないように調節する。
  • Siセンサーこんろを使用する。
  • ◆調理をする時は、防炎品のエプロンやアームカバーを使用する。

Siセンサーこんろ:調理油過熱防止装置、立ち消え安全装置、こんろ・グリル消し忘れ消火機能が付いているガスこんろのこと。現在販売されている家庭用の2口以上のガスこんろは、全てSiセンサーこんろです。