このページの本文へ移動
東京消防庁麻布消防署イベント写真館

イベント写真館

バイスタンダーの5名に消防総監感謝状を贈呈しました。


 7月1日、人命救助に功績のあったバイスタンダーの5名に消防総監感謝状を贈呈しました。令和3年5月10日午前9時ごろ、港区六本木6丁目六本木ヒルズのコンビニエンスストア内において、心肺停止状態になった男性に対し、5人のビル従業員が連携し、119番通報、気道確保及び心臓マッサージを行うとともにAEDを活用するなど適切な救命処置を行い、生命の危機に瀕していた男性を救命しました。                                          

指揮隊及びはしご隊の消防活動技術効果確認を実施しました。


 6月22日及び23日、麻布消防署裏庭において、指揮隊及びはしご隊の消防活動技術効果確認を実施しました。「7階建てビルの5階から出火し、複数の逃げ遅れがある。」という想定のもと、指揮隊は大隊長を核とした指揮活動及び部隊管理要領等、はしご隊は部署位置の決定、誘導及び作業姿勢完了までの要領や高所における安全管理要領等について審査員による確認を受けました。

第70回はたらく消防の写生会応募作品の審査を実施しました。


 6月15日、麻布消防署4階防災教室において、第70回はたらく消防の写生会に応募された作品の審査を実施しました。特別審査員として、国立新美術館学芸課の主任調査員である吉澤菜摘氏をお招きし、写生画の部、ポスターの部、未来消防のイメージ図画の各部門で審査が行われました。

危険物安全週間に伴う広報活動を実施しました。


 危険物安全週間中の6月6日から12日までの間、管内の事業所の皆さんのご協力のもと、身近にある危険物の取り扱いについて大型ビジョンと懸垂幕で注意をお願いする広報活動を実施しました。

ホテル従業員の2名に消防総監感謝状を贈呈しました。


 5月27日、人命救助に功績のあったホテル従業員の2名に消防総監感謝状を贈呈しました。令和3年4月16日午後6時ごろ、港区西麻布のアパホテル西麻布において、心肺停止状態になった女性に対し、2人のホテル従業員が連携し、119番通報、人工呼吸及び心臓マッサージを行うとともにAEDを活用するなど適切な救命処置を行い、生命の危機に瀕していた女性を救命しました。また同日、同ホテルに対し、防火対象物適合表示制度に基づく、表示マーク「金」を交付しました。

ポンプ隊の消防活動技術効果確認を実施しました。


 5月19日及び20日、麻布消防署裏庭及び庁舎地下部分において、ポンプ隊の消防活動技術効果確認を実施しました。訓練実施隊は、地下1階にある飲食店が火災になった想定で、基本的な消防活動要領とともに、中小隊長の指揮要領、安全管理要領、濃煙熱気内での検索救助要領、隊員間の連携要領等について審査員による確認を受けました。

ハリウッド美容専門学校で防火防災講話及び自衛消防訓練を実施しました。


 4月16日、ハリウッド美容専門学校(港区六本木6丁目)において、315名の新入生と学校に勤務する職員に対して防火防災講話を実施しました。併せて自衛消防訓練として避難訓練を実施し、理美容師やエステティシャンを目指す学生たちの防火防災意識を高めることができました。

↑このページのトップへ戻る