このページの本文へ移動
東京消防庁石神井消防署>災害時支援ボランティア

災害時支援ボランティア

災害時支援ボランティア

災害時支援ボランティアポスター

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、全国各地から多くのボランティアが駆けつけ、被災者の様々な支援を行うなど、ボランティア活動の重要性が広く社会に認識されました。

同年12月には、防災ボランティア活動への理解を深めるため、毎年、阪神・淡路大震災が発生した1月17日を「防災とボランティアの日」、15日から21日を「防災とボランティア週間」とすることが定められました。

災害に備え、地域の防災力を高めていくには、平素から地域住民、事業所、ボランティア等が連携、協力した防災訓練を実施しておくことが大切です。

災害時支援ボランティアとは

平成7年7月に発足した制度で、当庁管轄区域に震度6弱以上の地震が発生した場合及び大規模な自然災害、大規模な事故が発生した直後から、自発的に消防署に参集して頂き、消防隊とともに人命救助や消火活動などの現場活動の支援にあたります。

一般のボランティアとの違い

一般ボランティアの多くは、被災地に設置されたボランティアセンターなどの指示のもと、避難所運営のサポートや被災者の身近なケアをメインとしますが、当庁のボランティアは消防隊とともに現場活動の支援にあたります。

災害時支援ボランティアに登録するには

原則として石神井消防署管内に居住または勤務・通学されており、震災時等に消防に対する支援活動を行う意志のある15歳以上(中学生を除く)で、次のいずれかの要件を満たす方です。

  1. 普通救命講習を修了している等、応急救護に関する知識を有する方
  2. 過去に消防職員、消防団員、消防少年団員として1年以上の経験がある方
  3. 震災時等、復旧活動時の支援に必要となる資格や技術(消防設備士、危険物取扱者)を有する方

また、災害現場での実動ボランティアであるため、活動には一定の知識、技術が必要です。登録時(後)に3時間程度の「ボランティア講習」を受けていただくほか、各種訓練や講習会に参加していただき、知識・技術の向上を目指します。

災害時支援ボランティア募集中!

石神井消防署では災害時支援ボランティアを募集しています!

石神井消防署まで顔写真(3.0p×2.4p)2枚を持参して頂ければ、その場で登録申込書に記載することにより登録できます。ぜひ、お問合わせください。

警防課防災安全係 災害時支援ボランティア担当

電話03−3995−0119  内線320 321

    

石神井災害時支援ボランティアの活動

令和2年度の活動予定は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため未定です。
今後の予定については、随時掲載していきます。



●令和元年度(平成31年4月1日〜令和元年12月31日)に実施した主な活動です。

 実施日 活動内容 
5月19日(日) 第32回照姫祭り開催に伴う広報活動 
6月1日(土)
から
6月2日(日)
平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第1回リーダー講習、第1回リーダー再講習
6月2日(日) 平成31年度石神井消防署署講習(第1回)
6月9日(日) 平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第1回コーディネーター講習
6月14日(金) 都立井草高等学校宿泊訓練支援
6月15日(土) 平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第1回コーディネーター再講習
6月16日(日) 平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第1回震災時消防活動支援特別講習
7月13日(土)
から
7月14日(日)
平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第2回コーディネーター講習
7月27日(土)
から
7月28日(日)
平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第2回リーダー講習
7月28日(日) 平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第2回リーダー再講習
9月16日(月) 平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第2回コディネーター再講習
10月14日(月) 平成31年度東京消防庁災害時支援ボランティア育成講習
第二回震災時消防活動支援特別講習
1月19日(日) 災害時支援ボランティア会議、講習会の実施
1月22日(水) 文化財防火デーに伴う消防演習(ふるさと文化館 旧内田家住宅)

          

           


↑このページのトップへ戻る