このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心情報事業所向けアドバイス>禁止行為と解除承認

知っていますか?こんな場所での火気使用規制
禁止行為と解除承認

禁止行為とは?

 劇場や百貨店などの大勢の人で混雑する場所では、火災が起きると大きな災害になってしまいます。東京消防庁では、火災予防条例第23条において、不特定多数の人が出入りする一定規模の場所で行われる「喫煙」「裸火の使用」「危険物品の持込み」の行為を禁止行為として規制しています。

イラスト:禁止行為

解除承認とは?

 火気の使用などを全面的に禁止してしまうと、社会生活に支障をきたすので、事前に申請を行い、消防署長が、消防総監が定める基準(以下「解除の基準」という。)に適合していると認められた場合に限り、例外としてこれらの行為を必要最小限の範囲行うことができます。これを解除承認といいます。

イラスト:解除承認

…続きを読む

…続きを読む




詳細については、各消防署・予防課にご相談ください。
※当内容については東京消防庁管内において適用されるものです。




   目次に戻る