このページの本文へ移動

東京消防庁

東京消防庁 > 安心・安全 > トピックス > 鳴りますか?住宅用火災警報器 > 設置したあとは?

鳴りますか?住宅用火災警報器

住宅用火災警報器を設置したあとは?

住宅用火災警報器は、命を守る大切な機器です。
「いざ」というときにきちんと作動するように、日頃からお手入れや点検をしましょう。 また、設置から10年が過ぎている住宅用火災警報器は、機器本体を交換しましょう。

@交換の時期と廃棄方法

■ 電池切れかな?

設置から10年が過ぎている警報器は、電子部品の劣化等による故障や電池切れにより、火災を感知できなくなる可能性があります。
本体は「不燃ごみ」、電池は「有害ごみ」に分けられる場合が多いですが、各自治体のルールに従って処分してください。

A点検の方法

正常に作動するか、月に1回点検しましょう。

■ お手入れをしましょう

警報器にホコリが付くと火災を感知しにくくなります。汚れが目立ったら、乾いた布でふき取りましょう。

特に、台所に取り付けた警報器は、油や煙などにより汚れがつくことがあります。布に水やせっけん水を浸し、十分絞ってから汚れをふき取って下さい。

お手入れをしましょう 写真
■ テストをしましょう

テストは、ボタンを押したり、ひもがついているタイプのものは、ひもを引いて行えます。詳しくは製品の取扱説明書をご覧ください。

テストをしましょう 写真
■ 音が鳴らない・・・

次のことを確認しましょう。

  • 電池はきちんとセットされていますか?
  • 電池切れではありませんか?
  • それでも鳴らない場合は、故障が考えられます。

取扱説明書をご確認下さい。

音が鳴らない・・・ 写真

B警報が鳴ったときは

■ 火災のとき

大声で周りに火災を知らせ、119番通報をしましょう。
可能なら消火を行ってください。消火が難しそうな場合は、速やかに避難して下さい。

消火 イラスト
■ 火災ではないとき

火災以外の湯気や煙などを感知して警報が鳴った時は、警報音停止ボタンを押す、ひもがついているタイプのものはひもを引く、もしくは、室内の換気をすると警報音は止まり、通常の状態に戻ります。

煙霧式の殺虫剤を使用する際は・・・

警報器を取り外すか、ビニール袋で覆ってください。その際は、火災予防に万全を期すとともに、殺虫剤使用後は必ず警報器を元の状態に戻して下さい。

煙霧式の殺虫剤 イラスト