このページの本文へ移動
東京消防庁本郷消防署>トピックス

トピックス

最新情報を公開しています!

日時・行事名 概要 行事の様子
 令和3年6月1日

祝 本郷消防署開署140周年!
 当署は、明治14年6月1日に警視庁消防本署の下に、同時に設置された6署のうちの第四分署として開署し、その後、第四消防署、本郷消防署と名称を変え、今年で140周年を迎えました。

 明治、大正、昭和、平成を経て令和に至るまでに関東大震災、東京大空襲による火災、地下鉄サリン事件など、社会情勢を反映した各種災害との絶え間ないたたかいの歴史が刻まれています。

 署員一同、本郷消防署の歴史と伝統を誇りとし、これからも地域の安全、安心な街づくりに尽力してまいります。
 
 令和3年4月19日

東京大学消防講習会を実施
 令和3年4月19日、東京大学の全学部の安全管理責任者を集めた「消防講習会」をZOOMで行いました
 新型コロナウイルス感染拡大防止により通学する機会がほとんどなかった学生が、実験等を再開する機会を捉え、火災未然防止や火災発生時の対応等を講義しました。

 
 令和3年4月9日

特殊災害対策車(本郷CS)新車両運用開始式
 令和3年4月9日、本郷消防署に配置している特殊災害対策車(本郷CS)が更新され、新車両の運用開始式が行われました。
 この特殊災害対策車はNBC(核・生物・化学物質)災害に対応するための車両で、有毒ガス等の分析を行えるほか、風向風速計、温湿度計を装備しています。
 新たな車両では、車両安全性の向上のため、車間距離検知、車線逸脱警報、衝突回避など最新のシステムが装備されました。

 
 令和3年3月25日

消防功労者消防庁長官表彰を 伝達
 令和3年3月25日、本郷消防団、岡田副団長に対して令和2年度消防功労者消防庁長官表彰の伝達式を行いました。40年の消防団活動が評価され永年勤続功労章を受章したものです。
 また、岡田副団長を長きに渡り支えて頂いた妻の幸子様へ、消防総監感謝状の贈呈も実施されました。
 地域の防災リーダーとしての活躍、心から感謝いたします。そして、これからも本郷消防団、本郷消防署一丸となって、都民の安全を守っていきましょう。
 
 令和3年3月12日

駒込1小隊 新車両運用開始式
 令和3年3月12日、本郷消防署では駒込出張所に配置している普通ポンプ車を更新し、それに伴う新車両運用開始式を行いました。
 新たな車両では、前方との車間距離を感知するカメラやセンサーを用いた自動ブレーキ機能や車線はみ出し防止機能等の最新技術が活用され、走行時の事故防止に配慮された設計になっています。
 本郷消防署では、都民の信頼に応える消防行政サービスに取り組み、地域へ貢献してまいります。

 
 令和3年3月8日

消防行政協力功労者へ感謝状を贈呈
 令和3年3月8日、本郷消防懇話会 出井久之様に対して消防行政協力章の表彰式を行いました。
 日頃からの消防行政の円滑な推進に協力され、都民生活の安全と東京消防庁の発展に寄与されました。これからも引き続きご協力お願いしたします。
 
 令和2年12月10日

湯島地区の一斉立入検査
 令和2年12月10日、湯島地区の繁華街地域の防火安全対策を推進するため、湯島地区の一斉立入検査を実施しました。
 本富士警察署に協力を依頼し、湯島三丁目地区の61対象に対して階段、通路等に限定した立入検査を行いました。その結果、4件の違反指摘がありましたが、2件は是正されたものの、残り2件は継続指導中です。
 また、自衛消防訓練が行われていない29の事業所に対して、訓練の指導も行いました。
 今後も、建物を適正に維持してもらうよう、引続き、防火安全対策を推進していきたいと思います。
 
 令和2年7月14日、15日

ポンプ中隊、特消隊及びはしご小隊消防活動訓練
 令和2年7月14日、15日の2日間で、ポンプ中隊、特消隊及びはしご小隊の活動審査会が行われました。 各隊は訓練を重ね、日頃の訓練成果を存分に発揮しました。  
 令和2年7月6日、7日、8日

署救急訓練効果確認
  令和2年度の署救急訓練効果確認について、新型コロナウイルス感染症対策に伴う心肺停止状態の傷病者への対応要領の確認をメインテーマに、7月6日、7日、8日の3日間で規模を縮小し開催されました。
 想定は「70歳の男性自宅で卒倒、家族からの救急要請」との内容で、救急隊単体での活動となり救急隊3人の救護力とチームワークが試される訓練となりました。
 
 令和2年5月8日(金)

根津救急車新車両運用開始式

 令和2年5月8日、本郷消防署では根津出張所に配置している救急車を更新し、それに伴う新車運用開始式を行いました。
 根津救急隊は1日で平均9件の救急事案に出場し、年間約3000人の患者を搬送しています。
 新たな車両では、サスペンションの強化や防振対策等が施され、搬送時に負担がかからず、より安全に医療機関への搬送が可能となります。
 本郷消防署では、年々増加傾向にある救急需要に対し、都民の信頼に応える消防行政サービスに取り組み、地域へ貢献してまいります。

 
 令和2年2月15日(土)

ボランティア署講習・会議

  2月15日、「ボランティア署講習・会議」を実施しました。

 今回の講習では災害時ボランティアの皆様に、「生活に役立つロープの結び方」や「消火ホースを実際に延ばす」等の講習を行いました!
 会議では、今年度の活動結果を報告し、令和2年度の活動計画について話し合いました!
 
 「もっと訓練がしたい!」という声もあり、活気に溢れる講習会でした!
 
 令和元年12月5日(木)

湯島地区一斉立入検査

 12月5日、年末の繁忙期を前に、繁華街地区の防火防災対策を強化するため、湯島地区の一斉立入検査を実施しました。

 第五消防方面本部、文京区役所及び本富士警察署に協力を依頼し、湯島三丁目地区の100対象に対して、避難施設に限定した立入検査や防火管理指導を行いました。立入検査の際、事業所からは「火災がおきると怖いので、階段に物は置かないようにします。」等の声がありました。

 また、防火管理者が選任されていない事業所や、防火対象物点検結果報告書が届出されていない事業所に対しても合わせて指導を行いました。

 今後も、建物の適正な維持管理を継続させ、防火防災対策を推進していきたいと思います。
 令和元年11月17日(日)

本郷防災コンクール

  令和元年11月17日、令和初の「本郷防災コンクール」を実施しました。

 「緊急地震速報!!」身の安全を図るところから始まり、初期消火、身近なものを活用した応急処置、AEDを活用した心肺蘇生法、そしてけが人搬送を競技形式で行い、各町会を代表する17チーム51名の精鋭が技術とタイムを競い合いました。

 参加者からは、「思いやりを込めて救助、支援していきたい。」との声が聞かれました
 
 令和元年11月14日(木)

本郷防火のつどい

  令和元年11月14日、本郷防火のつどいを開催しました。2部構成で実施し、第1部では火災予防業務協力者に対する表彰式を実施後、文京学院大学経営学部教授新田先生とゼミの学生をお招きし、エスカレーターの安全な利用と防火防災について講演会を実施しました。

 地域・事業所の方々が多く参加してくださり、地域・事業所・消防署が三位一体となったとても有意義な一日となりました。
 
 平成31年2月23日(土)

本郷消防署ふれあいフェア

  平成31年2月23日、本郷消防署ふれあいフェア(庁舎開放)を開催しました。

 天候に恵まれ、432人もの方が来署され、活気あふれる庁舎開放となりました!
 

↑このページのトップへ戻る