このページの本文へ移動
東京消防庁>玉川消防署>トップページ



冬季のガソリンなどの危険物取扱いに注意しよう
東京消防庁管内では、3割以上がセルフスタンドであり、利用者自らがガソリンを自動車などに給油する機会が増えています。ガソリンは、静電気が発生しやすいといった特徴を持ち、揮発性が高く、気温温が低い場合でも可燃性の蒸気が発生させています。
冬季は、衣服の摩擦空気の乾燥により、静電気が発生しやすい環境となるため、一段と注意が必要です。


セルフスタンドで安全に給油するポイント
1 給油キャップを開ける前に、静電気除去シートに触れ、静電気を除去してから給油を始めましょう
2 給油口の奥まで差し込み、レバーを確実に握って給油をしましょう
3 満タンになると、給油は自動的に停止します。吹きこぼれをしないよう注ぎ足しは止めましょう
4 給油口からガソリン等の燃料やその可燃性蒸気が漏れないよう給油キャップは忘れずに締めましょう

正しく安全に機器を取り扱い給油し、火災などの事故を防止しましょう。

       
   
  
秋の火災予防運動実施 
 11月9日から同月15日までの一週間、秋の火災予防運動を実施しました。
この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたって、都民の皆様に防火防災意識や防災行動力を高めていただくことにより、火災の発生を防ぎ、万が一発生した場合にも被害を最小限にとどめ、火災から尊い命と貴重な財産を守ることを目的として行ったものです。
 
救急医療週間 
救急の日 9月9日(金)

救急医療週間 9月4日(日)から9月10日(土)まで


厚生労働省と総務省消防庁は、救急業務及び救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的に、毎年9月9日を「救急の日」、救急の日を含む1週間を「救急医療週間」と定めています。
昭和57年に始まり、毎年、日本全国で救急に関わる様々な取組みが実施されています。東京消防庁でも「救急の日」と「救急医療週間」を中心に、都民の皆様に救急業務へを認識と認識を深めていただくため、様々な行事を実施しています。

令和4年度東京消防庁救急標語
「まず行動 救える命 あなたから」
(作者 岡本 純一さん/府中市在勤) 
 「しょうぼう 玉川のまもり 250」を発行しました
 
 
 玉川のまもり(表)【防災週間】  玉川のまもり(裏)【救急医療週間】
玉川消防署では、防災週間と救急医療週間に伴い、玉川消防署広報誌「しょうぼう玉川のまもり」を発行しました。
この広報誌は、玉川消防署管内の各新聞販売所(朝日新聞、産経新聞、東京新聞、日経新聞、毎日新聞、読売新聞)の御協力により、新聞折込ちらしとしてお届けしています。
 
第71回はたらく消防の写生会優秀作品展を開催します 
 


「第71回はたらく消防の写生会優秀作品展」を玉川高島屋
S・Cにて開催致します。

玉川消防署管内では、15の小学校から児童2,400人が参加して
いただき、優秀賞51点、入選121点が選ばれました。
どの作品も、消防車両や消防隊員をよく観察し、大胆で色彩豊かに
描かれています。是非、ご覧ください。


開催日:令和4年8月24日(水)〜9月4日(日)
開催場所:玉川高島屋S・C 南館6階 ホワイトモール


 
   
 令和4年度危険物安全週間(令和4年6月5日(日)から11日(土)まで
令和4年6月5日(日)から11日(土)の間、危険物安全週間が実施されます。皆様の生活必需品の中には、危険物を含む製品が沢山あります。
この機会に危険物の適正な取り扱い方法を理解し、正しく使用してください。

※詳細については、こちらをクリックしてください。
 




危険物  しっかりまもろう 使い方」

(令和4年度東京消防庁危険物安全標語
作者:金子 真優さん 世田谷区在学)
 電動アシスト自転車のバッテリーからの火災に注意してください!
 
バッテリーからの火災に注意を!(PDF441KB)
 玉川消防署管内で、電動アシスト自転車のバッテリーから
出火する火災が発生しました。

製造メーカーからリコール情報が出ていますので、
ご家庭でお使いの方は、ご確認をお願いします。
令和4年度 普通救命講習の日程について
玉川消防署にて実施する普通救命講習の
日程が決まりました。
心肺蘇生、自動体外式除細動器(AED)の使用方法、窒息の手当、止血方法などの応急手当を
学ぶことが出来ます。

消防職員や消防団員が優しく指導します。

是非、受講をご検討ください!



【日程等の詳細はこちら】


 
 ≪玉川消防署広報誌「しょうぼう玉川のまもり」を発行しました≫


玉川のまもり表(PDF914KB)

 
玉川のまもり裏(PDF780KB)
 玉川消防署では、令和4年春の火災予防運動に伴い、玉川消防署広報誌「しょうぼう玉川のまもり」を発行しました。
 この広報誌は、玉川消防署管内の各新聞販売所(産経新聞、東京新聞、日経新聞、毎日新聞、読売新聞)の御協力により、新聞折込チラシとしてお届けしています。 
 「玉川のまもり」新コーナー
激ムズ!!!まちがい探し答え合わせ
         
玉川のまもりに新コーナーである「激ムズ!!!まちがい探し」を掲載しました。→答えはこちら!!
 


≪電子申請対象手続きの拡大について≫



 
令和4年2月1日(火)8時30分から開始しました。

東京消防庁では「新しい日常」に対応した行政サービスを提供できるように、行政手続の申請や届出について、電子申請が可能な手続を拡大します。

今後も、利用件数の多い手続を中心に対象を拡大し、都民や事業所の皆様が来署せずに「いつでも」、「どこでも」、「わかりやすく」、インターネットから行政手続ができるようにデジタル化を進め、都民や事業所の皆様の利便性の向上に努めていきます。


詳細はこちらをクリックして、御確認ください。
※電子申請対象手続きについて
 


≪火災から命を守るために!≫

〜避難のポイント〜


 突然、火災に巻き込まれたら、どうすれば良いでしょう。

火災の恐ろしさの一つは「煙にまかれること」です。
火災により亡くなられた方の約4割が、煙に含まれる有毒ガスや
窒息によるものです。

東京消防庁では、避難のポイントをまとめたコンテンツを
掲載しております。
是非一度、ご覧ください。
 
 リモート防災学習
「避難のしかた」


↑こちらをクリックしてください↑
 


≪地震から身を守る室内安全セミナーの開催≫

 近年、発生が危惧される巨大地震の実像や室内安全対策について、オンデマンド配信にて講演等を行います。

配信期間
令和4年3月1日(火)8時00分から
令和4年3月31日(木)17時00分まで
※お好きな時間にご覧いただけます。

詳細はこちらをクリックしてください


着衣着火にご注意ください!!!

 
調理中にガスこんろの炎が袖口や腹部に燃え移り、着ている衣服が 燃えてしまう火災のことを「着衣着火」と言います。 着衣着火を起こしてしまう割合は、高齢者が半数を占めており、素早い消火ができず、重症化してしまうケースが多くあります。梅雨に入り、少し肌寒い日もあって、上着を羽織ることもあると思います。料理をする時は、着ている服の袖口や裾に十分に注意してください。


★詳しくはこちら!(PDFファイル 459KB)
 

新着情報



☆英語で自衛消防訓練を実施!


☆気を付けよう!!消毒用アルコール


☆飛沫感染防止用ビニールシートにご注意を!
 

フォトアルバム


行事結果はこちらをクリック

ご案内

 
 消防署へのアクセス
 
安全安心のために
 
お近くの病院はこちら
 
ご家族皆でお越し下さい
 
新規出店は届出が必要です
 
お祭り・イベントの際は
 
簡単&便利に届出
 
地震が起こる前に・・・

消防団員募集
  
 令和4年 玉川消防署管内災害状況      
  令和4年11月19日現在 
(詳しくはこちらをクリック)
災害種別   火 災  救 急  
 件 数 30件
11692件

消防署の紹介

玉川消防署本署

 
住所 〒158-0091
世田谷区中町三丁目1番19号
電話番号 03-3705-0119
FAX番号 03-3705-0124
交通 東急大井町線等々力駅徒歩10分 MAP
メール 総務課 tamagawa@tfd.metro.tokyo.jp
警防課 tamagawa2@tfd.metro.tokyo.jp
予防課 tamagawa3@tfd.metro.tokyo.jp
  • 119番通報には利用できません。
  • 添付ファイルはつけないでください。
    また、メールはテキスト形式に限ります。
  • あらためて内容を確認させていただく場合がありますので名前、住所、電話番号をご記入ください。

奥沢消防出張所

住所 〒158-0083
世田谷区奥沢三丁目29番3号
電話番号 03-3720-0119
交通 東急目黒線奥沢駅徒歩5分
MAP

用賀消防出張所

住所 〒158-0096
世田谷区玉川台一丁目13番10号
電話番号 03-3700-0119
交通 東急田園都市線用賀駅徒歩3分 MAP
 ※署所には駐車場がありませんので、お車を御利用の際は、
  お近くのパーキングに駐車してからお越しください。

新町消防出張所

住所 〒154-0014
世田谷区新町一丁目22番11号
電話番号 03-3425-0119
交通 東急田園都市線桜新町駅徒歩12分 MAP
 
 ※令和4年10月1日より各消防出張所のFAX番号が廃止となりました。各出張所にFAXを送付する場合は、03-3705-0124(玉川消防署)に送付してください。また、自衛消防訓練(通知書)は、「東京共同電子申請・届出サービス」を活用した電子申請でも受付けていますので、ご活用ください。

署所担当区域について

玉川消防署本署

等々力1〜8丁目、中町1〜5丁目、上野毛1〜4丁目、玉堤1〜2丁目、野毛1〜3丁目

奥沢消防出張所

奥沢1〜8丁目、東玉川1〜2丁目、玉川田園調布1〜2丁目、尾山台1〜3丁目

用賀消防出張所

上用賀1〜6丁目、用賀1〜4丁目、玉川1〜4丁目、玉川台1〜2丁目、瀬田1〜5丁目

新町消防出張所

新町1〜3丁目、桜新町1〜2丁目、深沢1〜8丁目、駒沢3〜5丁目、駒沢公園