このページの本文へ移動
東京消防庁 >安全・安心情報 >事業所向けアドバイス >防火管理 実践ガイド >防火管理者が必要な防火対象物と資格
防火管理者が必要な防火対象物と資格

防火管理者が必要な防火対象物

防火管理者が必要な建物においては、すべてのテナントで防火管理者の選任が必要です。

(@〜Dは消防法、E〜Hは火災予防条例に基づき必要となります。)

@火災発生時に自力で避難することが著しく困難な者が入所する社会福祉施設等(消防法施行令別表第一(6)項ロに掲げる防火対象物の用途)を含む防火対象物のうち、防火対象物全体の収容人員が10 人以上のもの
A劇場・飲食店・店舗・ホテル・病院など不特定多数の人が出入りする用途(特定用途)がある防火対象物を「特定用途の防火対象物」といい、そのうち、防火対象物全体の収容人員が30 人以上のもの(前@を除く。)
B共同住宅・学校・工場・倉庫・事務所などの用途(非特定用途)のみがある防火対象物を「非特定用途の防火対象物」といい、そのうち、防火対象物全体の収容人員が50 人以上のもの
C新築工事中の建築物で収容人員が50 人以上のもののうち、総務省令で定めるもの
D建造中の旅客船で収容人員が50 人以上のもののうち、総務省令で定めるもの
E同一敷地内の屋外タンク貯蔵所又は屋内貯蔵所で、その貯蔵する危険物の数量の合計が指定数量の1,000 倍以上のもの
F指定可燃物を貯蔵し、又は取り扱う防火対象物で、床面積の合計が1,500 u以上のもの
G50 台以上の車両を収容する屋内駐車場
H車両の停車場のうち、地階に乗降場を有するもの

防火管理者の資格

〈防火対象物と防火管理者の資格区分〉

用途特定用途の防火対象物非特定用途の防火対象物
(6)項ロの項ロ
の施設が入っている
防火対象物
左記以外
防火対象物全体の
収容人員と延べ面積
10人以上30人以上50人以上
すべて300u以上300u未満500u以上500u未満
↓矢印↓矢印↓矢印↓矢印↓矢印
防火対象物区分甲種防火対象物甲種防火対象物乙種防火対象物甲種防火対象物乙種防火対象物
資格区分甲種防火管理者甲種防火管理者 甲種又は乙種
防火管理者
甲種防火管理者甲種又は乙種
防火管理者

〈テナントの防火管理者の資格区分〉

区分甲種防火対象物のテナント乙種防火対象物のテナント
テナント部分の用途特定用途非特定用途すべて
(6)項ロ左記以外
テナント部分の収容人員10人以上10人未満30人以上30人未満50人以上50人未満すべて
↓矢印↓矢印↓矢印↓矢印↓矢印↓矢印↓矢印
資格区分甲種防火管理者甲種又は乙種防火管理者甲種防火管理者甲種又は乙種防火管理者甲種防火管理者甲種又は乙種防火管理者甲種又は乙種防火管理者

防火管理者は、防火管理上必要な業務を適切に遂行することができる管理的又は監督的な地位にある方で、防火管理に関する知識及び技能の専門家としての資格を有していることが必要です。

その資格は、消防長等の行う防火管理講習※修了者又は防火管理者として必要な学識経験を有すると認められる者(消防法施行令第3条第1項第1号ロ、ハ及び消防法施行規則第2条に定める者)に付与されます。

※ 甲種防火管理者の資格は2日間、乙種防火管理者の資格は1日の講習を修了することで取得できます。




   目次に戻る