このページの本文へ移動
東京消防庁神田消防署火災を予防するために
火災を予防するために〜令和2年中神田消防署管内の火災原因

 電気関係、たばこによる火災に要注意!
     【電気関係】 トラッキング火災に注目!
   ほこり + 湿気 = 通電
湿ったほこりは電気を通します

★ほこりが堆積し火災発生
 【たばこ】 ごみ置き場からの火災が3件!
  可燃ごみと、消火の不十分なたばこの吸い殻を一緒に捨てると…

★残った火種から火災発生!

STOP!住宅火災

 火災による死者の約9割が住宅火災で発生しています。
 近年の死者が発生した住宅火災の3大出火原因は、たばこ、ストーブ、こんろとなっています。また、65歳以上の高齢者が、住宅火災による死者の約7割を占めています。

 出火原因を防ぐポイントをおさえて、住宅火災から命をまもりましょう。

⇒令和2年中神田消防署管内の火災原因はこちらから

主な出火原因と予防対策

 火災の原因を知って、予防のための対策をしましょう。

【 たばこ 】 毎年、死者発生原因第1位! 
  • 寝たばこは絶対しない
  • 飲酒→喫煙→うたた寝に注意
  • 吸殻を灰皿にためない
  • 吸殻は水で完全に消してから捨てる
  • 火種を落とさないよう安全な場所で喫煙する
 
 【 ストーブ 】 ストーブの中で最も多い原因は、電気ストーブ! 
  • 周囲に燃えやすいものを置かない
  • 外出時、就寝時は必ず消す
  • 給油は必ず消してから行う
  • ストーブの近くで洗濯物を乾かさない
 
 【 こんろ 】 住宅火災の発生原因第1位! 
  • 調理中に離れない
  • 周囲に燃えやすいものを置かない
  • 防炎品やエプロンやアームカバーを使用する
  • 火が鍋底からはみ出さないように調節する
  • 安全機能(SIセンサー)付きこんろを使用する
 
 【 電気コード 】 身近に潜む、火災の危険! 
  • 使っていないプラグは抜いておく
  • プラグ、コンセントは定期的に掃除する
  • 家具などの下敷き、折れ曲がりに注意する
  • タップは決められた容量内で使用する
  • 束ねて使用しない
 

⇒ 火災予防啓発用のポスター、リーフレットはこちらへ

火災の早期発見に有効な『住警器(じゅうけいき)』

 火災を早期に発見することで、初期消火や通報等の行動が早まり、近隣への延焼被害も軽減します。
 あなた自身はもちろん、大切な家族の命を住宅火災から守るため、日ごろから点検をしておきましょう。
    

さらに詳しく住宅用火災警報器のことを知りたい(東京消防庁HP)

↑このページのトップへ戻る