このページの本文へ移動
東京消防庁国分寺消防署行事等

お知らせ

ネットで自衛消防訓練

 東京消防庁では、新しい日常に対応した「ネットで自衛消防訓練」を電子学習室に公開しました。ネットで自衛消防訓練は、いつでも、どこでも、ひとりでもをコンセプトに、集合せずに実施できる新たな自衛消防訓練の方法です。防火管理者、事業所の方々はもちろん、消防用設備等に関心のある方などもご活用頂けます。また、外国語(英語、韓国語、中国語、(繁体字、簡体字))に対応しています。

詳しくは こちら

危険物 しっかりまもろう 使い方

 (令和3年度危険物安全標語 作者 金子真優さん 世田谷区在住)
 

 危険物安全週間 6月6日()から12日()

ガソリンや灯油のほか、身近に消毒用アルコールやマニキュアなどの危険物品があります。
危険物は引火性が高いものもあり火災などの危険性があります。危険物について知っておきましょう。

危険物について詳しくは コチラ

消毒用アルコールの取扱いは慎重に

 新型コロナウィルスなどの感染予防のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。
消毒用アルコールは、たいへん燃えやすいので慎重に扱うことが必要です。
★ 火の気のある場所では使わない
★ 詰替えは換気の良いところで行う
★ 高温になる場所での保管は避ける

湿度60%(重量%)の消毒用アルコールは、消防法の「アルコール類」に該当し、80リットルを超える貯蔵や取扱いには消防署への届出や申請が必要です。
詳しくは国分寺消防署予防課にお問い合わせください。

国分寺市内で住宅火災が発生!

令和3年3月22日(月)、国分寺市内で住宅火災により1名の方がお亡くなりになりました

住宅火災で亡くなった方の多くは、たばこやこんろ、ストーブの不適切な取扱いや消し忘れが原因となっています。火の元、火の取り扱いに十分ご注意ください。

「住宅防火10の心得」を確認しましょう!
こちらをクリック!

急病人を救った3名に国分寺署長感謝状を贈呈しました

 令和3年2月9日(火)、JR西国分寺駅において心肺停止状態に陥った男性に対し、119番通報、胸骨圧迫及びAEDによる応急手当を実施し、男性の生命を救った3名の方に対し、令和3年2月26日(金)、令和3年3月1日(月)、令和3年3月12日(金)に国分寺消防署長から消防署長感謝状を贈呈しました。

                

      

国分寺市消防団が消防総監から表彰されました

 令和3年2月18日(木)国分寺市役所において、国分寺市消防団の令和2年中の活動に対し、消防総監特別優良表彰の表彰状と表彰旗を消防総監より授与されました。
 消防総監特別優良表彰は、平成16年以来の受賞となり、当日は団長、副団長の計4名が団員の代表として授与式に出席し、授与式終了後には消防総監と国分寺市消防団の活動状況について懇談を行いました。


               

住宅用火災警報器の点検を呼びかけています

 国分寺市内の新築工事現場で住宅用火災警報器の点検を呼び掛けています。
住宅用火災警報器の点検方法は2種類です。「ボタンを押す」、「ヒモを引く」ことで簡単に点検できますので、定期的に点検してみてください。正常を知らせる音や音声が流れたらOKです!普段から点検して、もしものために備えましょう!

               

               国分寺市東恋ヶ窪5丁目新築工事現場(施工会社:大東建託)

               

            (住宅用火災警報器の点検について詳しく知りたい方はこちらをクリック!)

早稲田実業学校が優良防火対象物に認定されました

 優良防火対象物認定制度(通称:優マーク制度)とは、消防法令の基準はもちろん、基準以外の火災予防対策や火災発生時の対応手順などが万全である認められた場合に防火上の安全性が高い建物として「優マーク」表示することができる制度です。
 国分寺消防署では審査の結果、令和3年2月5日に学校法人早稲田実業学校に対して優良防火対象物認定証を交付しました。
 これで、国分寺市内には合わせて16棟の建物が建物が優良防火対象物として認定されたことになります。
 
 優良防火対象物認定表示制度の詳しい内容はこちら

電気に関係した火災が続いています

 今年に入り国分寺市内では4件の火災が発生しており、その全てが電気に関係したものとなっています(2月15日現在)。電気器具、コンセント等は普段から点検や清掃を適切に行うとともに、使用する場合は必ず取扱説明書をよく読み、正しく使用しましょう。 ⇒ リチウムイオン電池火災からの火災に注意しましょう

文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました。

 令和3年1月26日(火)、文化財防火デーに伴う消防演習を実施する予定でしたが、緊急事態宣言発令中のため、消防署員の訓練に切り替え実施しました。


災害時支援ボランティア2名に感謝状を贈呈しました

 令和3年1月19日(火)、東京消防庁災害時支援ボランティアとして当署に登録し、各種訓練への積極的な参加と地域防災力の向上に寄与された2名に対し、防災部長感謝状と国分寺消防署長感謝状を下記のとおり贈呈しました。

  防災部長感謝状        井上 由美子さん (小平市学園東町在住)
  国分寺消防署長感謝状   高谷 重城  さん (国分寺市西恋ヶ窪在住)


   

火災の発生しやすいシーズンです

 住宅火災で亡くなった方の多くは、たばこやこんろ、ストーブの不適切な取扱いや消し忘れが原因となっています。
 これからのシーズンは火を使う機会が増えるうえ、空気が乾燥して火災が発生しやすくなります。
 火の元、火の取扱いには十分ご注意ください。

短縮救命講習のご案内

 普通救命講習は、講習会場で3時間の受講が必要ですが、短縮救命講習は東京消防庁ホームページ内の電子学習室で事前学習していただいた方に、会場での講習時間を2時間に短縮した内容で実施するものです。
 これまで事業所や学校など団体での受講に限定しておりましたが、個人で受講を希望される方々を対象とした専用の講習を設けました。
 詳しい内容やお申込みはこちらをクリックしてください。

D級可搬消防ポンプとスタンドパイプの取扱い要領について

 地震等による同時多発火災が発生した場合には、地域の防災力を担う皆さんの活動が大きな力となります。
 今回、D級可搬消防ポンプとスタンドパイプについての取扱い要領を掲示しますので、ぜひご活用ください。


普通救命講習のご案内

 普通救命講習は、心肺蘇生法やAEDの使い方、大出血や喉に詰まらせたときの対処の方法を学ぶもの。3時間の講義・実技を修了した方に「救命技能認定証」をお渡しします。
 毎月第1土曜日(朝9時開始・正午終了)に国分寺消防署(本多1丁目)3階で開催します。
 ご希望の方は事前にお申込み(国分寺消防署救急係(042-323-0119 内線380))を。
 教材費(1,500円・当日徴収)が必要です。
 なお、新型コロナウィルス感染症の拡大状況などによっては、中止となる場合もありますので、ご承知ください。

『あつまれ どうぶつの森』で防災情報を発信しています。

 東京消防庁では、Nintendo Swich用ソフト「あつまれ どうぶつの森」の中で、オリジナルの「ボウサイ島」に職員を移住させ、島の安全を見守りながら、防災情報を発信しています。
 また東京消防庁公式Facebookやtwitterに掲載されている画像の作者IDからゲーム内で着ることができる防火衣、アポロキャップなどのマイデザインを取り込むことができますので、「あつまれ どうぶつの森」をお持ちの皆さん、ぜひ東京消防庁公式Facebooktwitterをフォローしてください!


                 



電気火災を防ごう

 昨年、市内で発生した25件の火災のうち約3割にあたる7件が電気に起因したものでした。東京消防庁では、どんな小さな電気製品の火災でも原因を調べて製品の安全化に役立てています。ブレーカーやテーブルタップ、コンセントなどの電気製品に「小さくても焦げ跡」を見つけたときは、国分寺消防署までご相談くたさい。




↑このページのトップへ戻る