このページの本文へ移動
東京消防庁荏原消防署スプレー缶の火災

スプレー缶の火災が発生しています!

 スプレー缶に穴を開けてガス抜きを行った際に、噴出した可燃性ガスにガスコンロの火が引火する火災が発生しました。
 〜品川区のスプレー缶等の廃棄方法について〜

スプレー缶、カセットボンベ、ライター等は、
できるだけ中身を使い切ってから、
中身が見える袋で収集に出しましょう。

詳しくは品川区清掃事務所にお問い合わせください。


〜火気と高温に注意の表記例〜
 LPG(液化石油ガス)の表記例  DME(ジメチルエーテル)の表記例
   
スプレー缶には、噴射剤としてLPG、DME等の可燃性ガスが使われている場合があるため、スプレー缶を使用する際には、火の気がなく換気ができる場所で安全を確認しながら行いましょう。


↑このページのトップへ戻る