このページの本文へ移動
東京消防庁清瀬消防署>防火防災

防火防災

 清瀬市には清瀬消防署以外にも、清瀬市消防団、災害時支援ボランティア、清瀬防災女性の会、清瀬消防少年団などの防火防災に関係する組織があります。詳しくは各項目をご覧ください。

 また、清瀬消防署では家族で防災訓練を行うファミリートレーニングや、オンラインで防火防災訓練を行うセルフ・ファミリートレーニングを推進しています。お気軽にご相談ください。


お知らせ
 
 地震災害については、令和4年5月東京都が「首都直下地震等による東京の被害想定」を公表しました。新たな被害想定では、平成24年4月に公表された前回の被害想定から、約10年間で進んだ建物の耐震化及び不燃化、居住者の高齢化、単身世帯の増加等により、被害様相が大きく変化しています。加えて、建物高層階での人的・物的被害の増加、長周期地震動による被害の多発等、新たな被害様相も明らかとなっております。
 地震により家具類の転倒・落下・移動が発生すると、「3つの危険」ケガ、火災、避難障害が生じる可能性があります。「3つの危険」から自分たちの身を守るためには、当庁では「家具転対策」と題し、都民の皆様に家具類の転倒・落下・移動防止対策の普及活動を行っています。



バーナーをクリックすると、東京消防庁ホームページ 家具類の転倒・落下・移動防止対策へリンクします!
         

↑このページのトップへ戻る