このページの本文へ移動
東京消防庁尾久消防署>わがまち安全情報

わがまち安全情報

東京消防庁からのお知らせ

新型コロナウイルスの感染防止対策に伴う対応について


消防署を騙る不審な電話に注意してください!



火災による死者が急増しています!

 東京消防庁管内では、今年に入り2月3日現在で「住宅火災による死者」が21名発生し、昨年の同時期と比
較すると9名増加しています。空気が乾燥し、火災が発生しやすくなっています。
 「住宅防火10の心得」を確認して尊い命を火災から守りましょう。





スプレー缶等による火災にご注意を!


 〜スプレー缶等による火災にご注意を〜
 スプレー缶等による火災は、暖房器具やカセットこんろを使用する冬季に多く発生しています。平成25年から平成29年までの5年間で546件発生し、そのうち、10月、11月、12月、1月に240件発生しています。これからの時季に火災が多く発生する可能性があることから、東京消防庁では注意を呼びかけています。

 【スプレー缶等とは】
 可燃性ガスを噴射剤とした整髪剤、消臭剤、パーツクリーナー等のスプレー缶と、カセットこんろの燃料として用いられるボンベを合わせていいます。
 【スプレー缶等に起因する火災発生状況】
 前年のスプレー缶による火災では、死者が発生しています。本年11月30日までで79件の火災が発生し、そのうち19件(24.1%)は穴開けによる火災です。
 これから年末に向けての大掃除の際に、廃棄のためスプレー缶等に穴を開けたことに起因する火災が多く発生する可能性が多く発生する可能性があるので、注意が必要です。
 


問合せ先 尾久消防署予防課防火管理係


消防署をかたる不審電話にご注意!!







放火火災に注意!

平成29年6月に放火火災がありました。自宅の前に燃える物を置いていないですか?

放火火災を防ぐために、再度確認をお願いします。






火災件数を増やさないために

電気火災に注意してください!!

電気製品による火災が増えています。電気による火災を防ぎましょう

電気火災に対する、尾久消防署からのお知らせを作成しました。

火災の早期発見のために

つけましたか?住宅用火災警報器

平成22年4月から設置が義務となりました。すべての居室・台所・階段に設置しましょう。

住宅用火災警報器

火災や事故を防ぐために

取扱いに注意

私たちの身の回りには、取扱いを間違えると、事故や火災につながるものがあります。
取扱方法を見直しましょう。

エアゾール缶カセットこんろ

大切な命を守るために・・・

救急車の適正な利用について熱中症に注意

↑このページのトップへ戻る