このページの本文へ移動

東京消防庁

緊急時にも役に立つ「東京消防庁公式アプリ」をダウンロードしよう

緊急時にも役に立つ「東京消防庁公式アプリ」をダウンロードしよう

東京消防庁公式アプリは、チャットボットやマップ機能を中心に、多くの機能を備え、ユーザー個々の興味関心に合わせて利用できる無料の消防アプリです。

消防や救急の知りたい情報をいつでも・どこでも・手軽に入手できる安全安心情報ツールですので、ぜひダウンロードしてご活用ください。

≪東京消防庁公式アプリの機能を紹介≫

【マップ機能】

東京消防庁公式アプリには「東京消防庁マップ」というマップ機能があります。このまマップ機能は、消防署の所在地やイベント情報、火災に強い安全・安心な建物である優良防火対象物など、消防に関する様々な情報を地図上で確認できる、防火防災に役立つ便利な機能です。

今回はこちらのマップ機能の中でも、消火栓や防火水槽等の水利施設情報と、出火危険度・延焼危険度についてご紹介します。

水利施設情報

「水利」とは、火災などにより消火活動が必要になった際の水源のことです。

この「水利施設情報」は、マップ上に「消火栓」と「防火水槽等」を表示することができ、地域の水利を手軽に把握することができます。水利施設情報は、約18万件掲載されており、1年に1度更新しています。

また、消火栓や防火水槽は、消防署への届出と消防職員の立ち合いのもと、町会・自治会の防災訓練などでもお使いいただけます。

水利施設情報画面
水利施設情報画面1
水利施設情報画面2
出火危険度画面
出火危険度画面
延焼危険度画面
延焼危険度画面

出火危険度・延焼危険度

「出火危険度」とは、地震時に火災が発生する危険性を地域ごとに評価したもので、1から6までのランクで表示しています。

「延焼危険度」とは、地震時に発生した火災が燃え広がる危険性を地域ごとに評価したもので、0から9までのランクで表示しています。

この機能を活用してお住いの地域の状況を確認して、地震や火災に備えましょう。


↑このページのトップへ戻る