このページの本文へ移動
東京消防庁練馬消防署

救急隊の活動や応急手当について

救命講習を受けましょう!


   
救急車が要請を受けてから現場に到着するまでの平均時間は、7分〜8分
この空白の時間が傷病者の生命を大きく左右します。

いざというときに備えて、応急手当の技術と知識を身につけましょう。
救命講習を受けてみませんか?
講習受講のご相談は、練馬消防署警防課救急係(03−3994−0119 内線381)へご連絡ください。
救命講習に関するページはこちら  

アプリで応急手当!?

   
東京消防庁公式アプリには、応急手当の方法を学べる動画があります。
ぜひ、ダウンロードしてご利用ください。

 
公式アプリに関するページはこちら
 

口頭指導アドバイスのお知らせ

 
もしもし!人が倒れています。
救急車をお願いします。
住所は〇〇区△△町××丁目◆◆番です!
   
 
分かりました。救急車を向かわせます。
救急車到着まで応急手当の方法をお伝えしますので、
今の様子を教えてください。
   
 
呼びかけても反応がなく、呼吸もしていないようです。
   
 
分かりました。意識も呼吸もないようなので
これから心肺蘇生法をお伝えします。
胸の真ん中に手の平の付け根を当てて、
もう片方の手を重ねて置いてください。それから・・・
   
 

このように、救急隊到着までの間、現場に居合わせた方が安心して応急手当を行えるよう、電話や動画でアドバイスする『口頭指導制度』を導入しています。


映像によるアドバイス「Live119」


映像を活用した口頭指導(Live119)
詳しくは、こちらをクリック!!

救急車を呼ぶか迷ったら・・・#7119

  
↑画像をクリックすると#7119に関するページへリンクします。↑

↑このページのトップへ戻る