このページの本文へ移動
東京消防庁北多摩西部消防署>お知らせ

お知らせ

 

シンナー、灯油、軽油、アルコール
塗料等の危険物を取り扱って、保管している事業者は再度チェックを!




 危険物は、消防法令による規制があります。危険物の種類により保管や取り扱うことができる数量が定められており、その数量を超える場合には、消防法令で定められた施設でしか保管することができません。ある事業所で「危険物であることは知っていたが、消防法の規制があることは知らなかった。」と多量の危険物を倉庫に保管していたケースがありました。危険物の容器には、「危険物の品名、化学名、数量、注意事項」の表示があります。例として、表示された危険物の品名が、「第四類第一石油類」と記載されている場合には40リットル、「第四類第二石油類」と記載されている場合には200リットルが定められた数量となります。保管している危険物をチェックし、消防法令の規制を受けるかどうか確認してください。規制を受けるかどうか悩んだ場合には、お問合せ先までお電話ください。

北多摩西部消防署予防課 042−565−0119

↑このページのトップへ戻る

東京消防庁<北多摩西部消防署><写真館><林野火災演習>