このページの本文へ移動
東京消防庁 広報テーマ(3月号) テーマ1 首都東京を守る消防職員の募集
  採用試験(選考)日等
  試験(選考)方法
テーマ2 新生活が始まるタイミングは
家具転対策をするタイミングです!
  家具類の転倒・落下・移動でどんな被害があるの?
  どんな家具転対策があるの?
  まもなく東日本大震災から9年、熊本地震から4年
  家具転対策についてもっと知りたい
テーマ3 消火栓や消防水利の標識付近の駐車はやめよう
  周囲への駐車はやめよう
  消防水利とは
  消防水利の標示とは

首都東京を守る消防職員の募集

首都東京を守る消防職員の募集

東京消防庁は、首都「東京」の安全を守り、安心を支えるため、第一線の防災機関として、都市構造や生活環境の変化により複雑多様化する各種災害への対応、建物の防火指導などの火災予防、都民生活の安全を守るための各種対策など、幅広い業務を行っています。

画像:CHALLENGERS 2019年度消防官募集


災 害 対 応 業 務


 東京では、多くの技術革新や人々の生活の多様化により、さまざまな災害が想定されます。災害対応業務では、そうした状況の中でも迅速に現場へ急行し、正確な情報と優れた技術を活かして消火・人命救助にあたります。


予 防 業 務


 オフィスビルや巨大な繁華街、高層マンションなど多くの建物が密集する東京の街では、災害へつながる可能性が高いと想定されます。そうした危険性を判断し、未然に防ぐのが予防業務です。


防 災 安 全 業 務


 都民一人ひとりの防災意識を高め、防災機器などの普及や災害時にとるべき行動の指導を行っているのが防災安全業務です。人々が暮らす街をより安全にするため、地域の方々に正しい知識を普及していきます。


本 庁 業 務


 消防行政としての重要施策の立案や、その施策の広報など東京消防庁の組織力を高める役割を担っているのが本庁業務です。119番通報を取りまとめ出場指令を行う総合指令室などがあります。


画像

○ 採用試験(選考)日等

 ア 消防官

試験(選考)区分 採用
予定者数
試験
(選考)地
第1次試験
(選考)日
第2次試験(選考)日・試験地
身体・体力検査 口述試験
専門系 10名 東京 4月26日(日) 5月27日(水)
(集団討論、
適性検査も実施)
5月28日(木)
東京
T類 110名 東京
大阪
福岡
5月10日(日) 6月24日(水)
から
6月26日(金)
までの指定する日
6月29日(月)
から
7月3日(金)
までの
いずれか指定する日
東京
U類 40名 東京 9月6日(日) 11月9日(月)、
11月10日(火)の
いずれか指定する日
11月13日(金)、
11月16日(月)、
11月17日(火)の
いずれか指定する日
東京
V類 80名 東京
札幌
盛岡
大阪
福岡
鹿児島
9月19日(土) 11月11日(水)、
11月12日(木)の
いずれか指定する日
11月18日(水)、
11月19日(木)の
いずれか指定する日
東京
10月27日(火)から10月29日(木)まで
及び11月 2日(月)、11日 4日(水)、
11月 5日(木)のいずれか指定する日
盛岡・大阪・福岡
  • ※ 第2次試験の指定された試験日及び集合時間等は変更できません。
  • ※ V類を受験する方のうち、第1次試験地を札幌と選択した場合の第2次試験地は、盛岡または東京を選択してください。第1次試験地を鹿児島と選択した場合の第2次試験地は、福岡または東京を選択してください。
  • ※ V類を受験する方のうち、第1次試験地を東京、盛岡、大阪、福岡と選択した場合の第2次試験地は、第1次試験地と同じです。


 イ 一般職員

試験(選考)区分 採用
予定者数
試験
(選考)地
第1次試験
(選考)日
第2次試験(選考)日・試験地
T類事務 1名 東京 5月3日(日) 6月16日(火)
V類事務 1名 東京 9月13日(日) 11月20日(金)
V類事務
(障害者対象)
1名 東京 9月13日(日) 11月20日(金)
自動車整備 1名 東京 12月12日(土) 令和3年1月20日(水)


 ウ 受験資格

  ・ 消防官
区 分 主な受験資格
専門系  1991年4月2日以降に生まれた人で、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)を卒業している人(2021年3月卒業見込みの人を含む。)又は同等の資格を有する人
T 類  1991年4月2日から1999年4月1日までに生まれた人
 1999年4月2日以降に生まれた人で、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)を卒業している人(2021年3月卒業見込みの人を含む。)又は同等の資格を有する人
U 類  1991年4月2日から2001年4月1日までに生まれた人
V 類  1999年4月2日から2003年4月1日までに生まれた人

  ・ 一般職員
区 分 主な受験資格
T類事務  1991年4月2日から1999年4月1日までに生まれた人
 1999年4月2日以降に生まれた人で、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)を卒業している人(2021年3月卒業見込みの人を含む。)又は同等の資格を有する人
V類事務  1999年4月2日から2003年4月1日までに生まれた人
V類事務
(障害者対象)
 1981年4月2日から2003年4月1日までに生まれた人で、以下のいずれかに該当する人
  • ・身体障害者手帳の交付を受けている人
  • ・都道府県知事又は政令指定都市市長が発行する療育手帳の交付を受けている人
  • ・知的障害者更生相談所、児童相談所、精神保健福祉センター、障害者職業センター、精神保健指定医により知的障害者であると判定された人
  • ・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人
自動車整備  1986年4月2日から2003年4月1日までに生まれた人
自動車整備士の資格を取得している人(2021年3月31日までに取得見込みの人を含む。)
  • ※ 各試験(選考)区分の詳細は、採用試験(選考)案内をご覧ください。


○ 試験(選考)方法

 ア 消防官

科目 内容
第1次試験
(選考)
教養試験 五肢択一式により行います。
論(作)文試験 課題式により行います。
資格・経歴評定 保有する資格やスポーツ・音楽の経歴に応じて評定を行います。
適性検査 消防官としての適性について検査します。(専門系は第2次選考で実施)
第2次試験
(選考)
口述試験 個人面接を行います。
身体・体力検査 消防官として職務遂行に必要な身体、体力及び健康度を検査します。
  • ※ 「資格・経歴評定」の申請方法等の詳細は、採用試験(選考)案内またはHPを確認して下さい。
  • ※ 専門系については、上記に加え第1次選考で、消防行政事務に必要である専門分野の基礎知識について記述式の筆記試験を行います。また、第2次選考の口述試験では個人面接に加え、集団討論を行います。


 イ 一般職員

科目 内容
第1次試験
(選考)
教養試験 五肢択一式により行います。(自動車整備を除く)
論(作)文試験 課題式により行います。
適性検査 消防職員としての適性について検査します。
(T類事務は第2次試験で実施、障害者を対象とするV類事務は適性検査なし)
第2次試験
(選考)
身体検査 職務遂行に必要な健康度について検査を行います。
口述試験 個人面接を行います。
  • ※ T類事務は、上記に加え第1次試験で、職務に必要な専門知識について記述式の筆記試験を行います。


○ 申込受付期間や受験資格等の詳細は、試験(選考)案内をご確認ください。東京消防庁ホームページにも掲載しています。


○ 採用に関する問合せ等

 ア 採用に関するお問合せは、フリーダイヤル 0120−119−882へ
   (受付時間:平日8時30分から17時15分まで)


 イ 試験(選考)案内、パンフレットのご請求や採用情報は、

  •  ・ 東京消防庁ホームページ(https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp)の「採用案内」を参照してください。
  •  ・ 上記フリーダイヤルへ

ご応募お待ちしております!


↑このページのトップへ戻る