このページの本文へ移動
東京消防庁町田消防署>自衛消防技術発表会実施結果!

自衛消防技術発表会を実施!

実施結果

町田消防署では、令和4年9月15日(木)、コロナ禍により中止となっていた自衛消防技術発表会を感染防止に配意しつつ3年ぶりに開催しました。

今年度は、1号消火栓の部に10事業所11隊33名、2号消火栓の部に7事業所8隊16名、合計17事業所19隊49名が参加しました。

今年度の自衛消防技術発表会では、事業所において火災が発生し、自動火災報知設備が発報した想定で行い、自動火災報知設備や非常放送設備の取扱い、消火器、屋内消火栓での消火要領、建物内での適切な避難誘導要領を披露していただき、その技術を競いました。


   

●【審査長講評】町田消防署予防課長 宍戸 美紀

参加事業の皆様、参加隊隊員の皆様、お疲れ様でした。

今年度の開催は、新型コロナウイルスの感染拡大から2年の中止を経て、実に3年振りの開催となり、主催団体である町田防火管理者研究会、そして町田消防署としても、待望の開催でございました。多くの事業所にご参加をいただきましたこと、この場をお借りし、厚く御礼申し上げます。

さて、審査の重点は、「安全・確実」とし、安全かつ機器の適切・適正な取り扱い、確実な操作を重視しながら厳正に審査を行いましたが、いずれの参加隊も日頃の訓練成果に加え、「自分たちの事業所は自分で守る」という強い決意を見せていただきました。非常に僅差の戦いであり、甲乙つけ難く、難しい審査であったということを申し添えさせていただきます。

≪審査結果はこちら!≫


 

↑このページのトップへ戻る