このページの本文へ移動
東京消防庁町田消防署>テニススクールでコーチとスタッフが連携!

テニススクールでコーチとスタッフが連携!

レッスン中に倒れた利用者を救命し総監感謝状を贈呈!


 令和4年5月30日、メガロス玉川学園テニススクールで発生した救急事案に対し、町田消防署において消防総監感謝状を贈呈しました。



 令和4年4月、テニスのレッスン中に利用者の方が倒れ心肺機能停止状態となり、異変に気が付いたスクールのコーチやスタッフ計5名が連携し、すぐに119番通報を行うと共に、胸骨圧迫とフロント横に設置されているAEDを使用して除細動を実施し、呼吸・脈拍が回復、救命に至ったものです。



 メガロス玉川学園テニススクールでは、年2回応急救護訓練を実施し救命処置について学んでおり、早い通報や適正な胸骨圧迫・AEDの実施がスムーズに行われ、繰返し行う訓練の大切さが救命に繋がりました。

↑このページのトップへ戻る