このページの本文へ移動

東京消防庁

夏に多発する事故から尊い生命を守ろう

夏に多発する事故から尊い生命を守ろう

梅雨が明け、本格的な夏の暑さがやってくるこれからの季節は、熱中症が増える時期です。

また、水に接する機会が多くなり、河川・プール・海などでの水による事故が増える時期でもあります。熱中症や水の事故を防ぐために、次のような点に注意して、楽しい夏を過ごしましょう。

≪熱中症を防ごう≫

梅雨が明け、夏本番となるこの時期は、まだ暑さに身体が慣れていないため、例年、体調を崩される方が多くなります。

昨年の熱中症の発生状況や新型コロナウイルス感染症を想定した「新しい日常」における留意点を踏まえた予防対策が必要です。

1 熱中症予防行動の留意点

(1) 熱中症の予防と対策
ア 暑さに身体を慣らしていく。
体が暑さに慣れることを暑熱順化といいます。この暑熱順化は、「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動(ウォーキングなど)を継続することで獲得することができ、運動開始数日後から2週間程度で完成するといわれています。そのため、日頃からウォーキングなどで汗をかく習慣を身につけて暑熱順化していれば、夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。早い時期から、少し早足でウォーキングするなど、汗をかく機会を増やしていれば、夏の暑さに負けない体をより早く準備できることになります。
令和3年夏の事故防止(熱中症予防)ポスター
令和3年夏の事故防止(熱中症予防)ポスター

<対策>

  • ○ ウォーキングなどの運動をすることで、汗をかく習慣を身に付けるなど、暑さに強い体をつくりましょう。
イ 高温・多湿・直射日光を避ける。
熱中症の原因の一つが、高温と多湿です。屋外では、強い日差しを避け、屋内では風通しを良くするなど、高温環境に長時間さらされないようにしましょう。

<対策>

〜行動の工夫〜

  • ○ 日陰を選んで歩きましょう。
  • ○ 涼しい場所に避難しましょう。
  • ○ 適宜休憩する、頑張らない、無理をしないようにしましょう。

〜住まいの工夫(室内で涼しく過ごす工夫)〜

  • ○ 玄関に網戸、向き合う窓を開けるなど、風通しを利用しましょう。
  • ○ ブラインドやすだれを活用し、窓から射し込む日光を遮りましょう。
  • ○ 我慢せずに冷房を入れ、扇風機も利用するなど、空調設備を利用して、部屋の温度を調整しましょう。

〜衣類等の工夫〜

  • ○ ゆったりした衣服や、襟元をゆるめて通気しましょう。
  • ○ 炎天下では、輻射熱を吸収する黒色系の素材を避けましょう。
  • ○ 日傘や帽子で日差しを防ぎましょう。
ウ 水分補給は計画的、かつ、こまめにする。
特に高齢者は、のどの渇きを感じにくくなるため、早めに水分補給をしましょう。普段の水分補給は、お茶や水がよいでしょう。水分補給目的のアルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまうため逆効果です。
 なお、持病がある方や水分摂取を制限されている方は、夏場の水分補給等について必ず医師に相談しましょう。

<対策>

  • ○ こまめに水分補給・のどが渇く前に水分補給しましょう。
  • ○ 1日あたり1.2リットルの水分補給・起床時、入浴前後に水分を補給しましょう。
エ 運動時などは計画的な休憩をする。
学校での体育祭の練習、部活動や試合中などの集団スポーツ中に熱中症が発生していることから、実施する人はもちろんのこと、特に指導者等は熱中症について理解して、計画的な休憩や水分補給など、熱中症を予防するための配慮をしましょう。
 汗などで失われた水分や塩分をできるだけ早く補給するためには、スポーツドリンクなどを摂取するのもよいでしょう。
 また、試合の応援や観戦などでも熱中症が発生していることから、自分は体を動かしていないからと言って注意を怠らないでください。

<対策>

  • ○ 環境条件を把握しておきましょう。
  • ○ 状況に応じた水分補給を行いましょう。
  • ○ 暑さに徐々に慣れましょう。
  • ○ 個人の条件や体調を考慮しましょう。
  • ○ 服装に気をつけましょう。
オ 乗用車等で子供だけにしない。
外気温が25℃から27℃の晴れた日、車の窓を閉め切るとすぐに車内の温度は上昇し、1時間後には58℃、2時間後には62℃にもなります。子供がぐっすり寝ているからといって、座席に残して車を離れるのは短時間であっても非常に危険です。

<対策>

  • ○ 子供を車の中で、決して一人にしないでください。
カ 子供は大人よりも高温環境にさらされています。
一般的に地面に近いほど、地面からの輻射熱は高くなります。子供は大人に比べて身長が低いため、大人よりも地面から受ける輻射熱は高温となります。
 東京都心の気温が32.3℃だったとき、幼児の身長である50cmの高さでは35℃を超えていました。また、さらに地面に近い5cmの高さでは36℃以上でした。
イメージ

<対策>

  • ○ 子供は大人の想像以上に輻射熱等を受けていると考えましょう。
  • ○ 子供の体調の変化に注意しましょう。
(2) 「新型コロナウイルスを想定した『新しい日常』」における熱中症予防

今夏も、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、一方で、例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

<「新しい日常」における熱中症予防行動のポイント>

  • ○ 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。
  • ○ マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。
イメージ
イメージ
  • ○ 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
  • ○ 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。
  • ○ 3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

なお、環境省の熱中症予防情報サイトにおいて、新しい生活様式における熱中症予防行動について掲載されていますので、参考にしてください。

「熱中症予防情報サイト」⇒「トピックス」⇒「新しい生活様式と熱中症予防」

https://www.wbgt.env.go.jp

QRコード
(3) 熱中症を疑う症状と応急手当

熱中症を疑った時には、放置すれば死に直結する緊急事態であることをまず認識し、図1を参考に対応してください。

熱中症の応急処置
図1 熱中症を疑ったときには何をすべきか

参考文献:熱中症環境保健マニュアル2018(環境省)より

2 令和2年中の熱中症の発生状況

(1) 熱中症による救急搬送人員

東京消防庁管内において、令和2年6月1日から9月30日までの4か月間に、熱中症(熱中症疑い等を含む。)により5,796人が救急搬送されています。

例年、梅雨明け後の最初に気温が高温となる日に、急激に救急搬送人員が増加する傾向があり、令和2年は、梅雨が明けた8月1日頃から熱中症による救急搬送人員が増加し、8月は過去5年の同月と比較して、最多の救急搬送人員となりました(図2)。

図2 熱中症の月別救急搬送人員(令和2年6月〜9月)
図2 熱中症の月別救急搬送人員(令和2年6月〜9月)
(2) 救急搬送時の初診時程度

救急搬送時の初診時程度をみると、救急搬送された5,796人のうち約4割にあたる2,418人が入院の必要があるとされる中等症以上と診断されています。重症以上は255人で、そのうち57人は生命の危険が切迫しているとされる重篤と診断され、2人が死亡しています(図3)。

図3 救急搬送時の初診時程度別の救急搬送人員(令和2年6月〜9月)

初診時程度とは・・・
軽 症:軽易で入院の必要がないもの
中等症:生命の危険はないが、入院の必要があるもの
重 症:生命の危険が強いと認められたもの
重 篤:生命の危険が切迫しているもの
死 亡:初診時、死亡が確認されたもの

図3 救急搬送時の初診時程度別の救急搬送人員(令和2年6月〜9月)
(3) 年齢区分別の救急搬送状況と中等症以上の割合

年齢区分別の救急搬送状況をみると、65歳以上の高齢者が3,327人で全体の約半数を占め、そのうち約7割にあたる2,426人が75歳以上の後期高齢者でした(図4−1、図4−2)。

図4−1 年齢区分別の熱中症による救急搬送人員(令和2年6月〜9月)
図4−1 年齢区分別の熱中症による救急搬送人員(令和2年6月〜9月)
図4−2 年齢区分別の熱中症による救急搬送人員と中等症以上の割合
図4−2 年齢区分別の熱中症による救急搬送人員と中等症以上の割合
(令和2年6月〜9月)
(4) 熱中症の発生場所

救急要請時の発生場所では、住宅等居住場所が2,589人で全体の44.7%を占め最も多く、次いで道路・交通施設が1,739人で30.0%を占めていました(図5)。

図5 発生場所別の熱中症による救急搬送人員(令和2年6月〜9月)
図5 発生場所別の熱中症による救急搬送人員(令和2年6月〜9月)

3 令和2年中の熱中症による救急搬送事例

熱中症での救急搬送事例と予防のポイント
室内で熱中症になった事例
  • ○ 自宅でテレワーク中、全身の脱力症状を発症、様子をみていたが症状が改善されなかった。
    【6月 30代 熱中症(軽症) 気温27.6℃ 湿度74%】
  • ○ クーラーをつけずに就寝した。起床後、身体に熱感があり、歩行困難となった。
    【6月 90代 熱中症の疑い(中等症) 気温22.4℃ 湿度99%】

<予防のポイント>

気温が高くなくても湿度が高いと、熱中症になることがあります。
  • ◇ 水分補給を計画的、かつ、こまめにしましょう。
  • ◇ 窓を開け風通しを良くし、エアコンや扇風機等を活用して、室内温度を調整するなど、熱気を溜めないようにしましょう。
  • ◇ マスクをしていると、汗の蒸発が妨げられるなど体温調節ができず、脱水等を起こしやすくなります。現在、マスクの着用は必要ですが、体調の変化に十分注意しましょう。
乳幼児が車の中で熱中症になった事例
  • ○ 駐車していた車内で子供が内鍵をかけてしまい、出られなくなった。
    【7月 1歳 熱中症の疑い(軽症)気温25.3℃ 湿度91%】
  • ○ クーラーがあまり効かない車内で、娘が嘔吐し元気がなかったため、救急要請した。
    【8月 2歳 熱中症(軽症)気温32.1℃ 湿度56%】
イメージ

<予防のポイント>

夏場の車内の温度は、短時間で高温になります。
  • ◇ 少しの間でも子供を車内に残さないようにしましょう。
  • ◇ 子供が、自分で内鍵をかけたり、車の鍵で遊んでいて誤って、ロックボタンを押してしまい閉じ込められる事故が発生しています。車を降りる際は、鍵を持って降りましょう。
屋外で作業中に熱中症になった事例
  • ○ 自宅の庭で草むしり中に脱力感があり、座って休んでいたところ倒れ込んだ。近隣住民が発見し、救急要請した。
    【6月 80代 熱中症(軽症) 気温28.5℃ 湿度63%】
  • ○ 配達ドライバーの従業員は、仕事中に手のしびれを感じ、夜になり嘔吐が2回あり、全身の痛みも現れた。
    【7月 30代 熱中症疑い(重篤) 気温26.0℃ 湿度90%】
運動中に熱中症になった事例
  • ○ マラソン大会に参加していた男性が、マラソン中に崩れるように倒れ、その後、意識もうろうとなった。
    【9月 43歳 熱中症(重症) 気温30.5℃ 湿度70%】
  • ○ 屋外でテニス中、ふらつき症状を自覚したため日陰で休憩していたが、寒気を感じ、全身が痙攣してきた。
    【8月 10代 熱中症(中等症) 気温32.5℃ 湿度65%】
複数の熱中症患者が発生した事例
  • ○ 体育の授業でリレーの練習中に複数の生徒が頭痛と腹痛を発症した。
    【8月 8歳・9歳 熱中症(軽症)7名 気温31.3℃ 湿度60%】
イメージ

<予防のポイント>

クラブ活動等では、複数の生徒が熱中症で救急搬送されています。指導者等は、無理のない活動に配意しましょう。
  • ◇ 水分補給を計画的、かつ、こまめにしましょう。
  • ◇ 屋外では帽子を使用しましょう。
  • ◇ 襟元を緩めたり、ゆったりした服を着るなど服装を工夫しましょう。
  • ◇ 指導者等が積極的、計画的に休憩をさせたり、体調の変化を見逃さないようにしましょう。
  • ◇ 実施者は自分自身で体調管理を行い、体調不良の時は無理をせず休憩しましょう。

参考文献:熱中症環境保健マニュアル2018(環境省)より

≪河川やプール等での水の事故を防止しよう≫

夏は河川でバーベキューをしたり、プール等に出かけたりする機会が増えて楽しい季節ですが、おぼれて救急搬送される事故も、この時期に多くなります。

河川やプール等でおぼれる事故は、生命を脅かす事故となる可能性が高いことから、十分な注意が必要です。

イメージ

1 河川やプール等での水の事故を防ぐために

  • 小さい子供と一緒に水遊びをする際は、子供から目を離さず、保護者や大人が必ず付き添って遊びましょう。
  • 飲酒後や体調不良時には遊泳は行わず、遊泳しようとしている人がいたら、周りにいる人は遊泳をやめさせましょう。
  • 海や河川では、気象状況に注意を払い、荒天時や天候不良が予測される場合は遊泳や川岸等でのレジャーは中止しましょう。
  • 海や河川では、ライフジャケットを着用するなど、事故の未然防止に努めましょう。

2 救急搬送人員の推移

東京消防庁管内1)では、平成28年から令和2年2)までの6月から9月までに発生した河川やプール等でおぼれる事故3)により、49人が救急搬送されています(図6)。

図6 水の事故による救急搬送人員
図6 水の事故による救急搬送人員

1)東京都のうち稲城市、島しょ地区を除く地域

2)令和2年の数値は暫定値

3)「自損」、「浴槽での溺水」は除く。

イメージ

3 月別救急搬送人員

月別にみると、8月に搬送人員が多くなっています(図7)。

図7 月別救急搬送人員(平成28年〜令和2年)
図7 月別救急搬送人員(平成28年〜令和2年)

4 年代別救急搬送人員

年代別にみると、9歳以下が最も多く、次いで20歳代、10歳代の順となっています。

また、9歳以下では、河川、プール、公園の水場及び海とさまざまな場所で発生しています(図8)。

図8 年代別救急搬送人員(平成28年〜令和2年)
図8 年代別救急搬送人員(平成28年〜令和2年)

5 事故発生場所別救急搬送人員

おぼれる事故が発生している場所では、河川が32人(65.3%)と最も多く、次いでプールが14人(28.6%)と高い割合を占めています。河川では、地形により流れが速い場所もあるので注意が必要です。

また、公園の水場でも2人(4.1%)が搬送されています(図9)。

図9 事故発生場所別救急搬送人員(平成28年〜令和2年)
図9 事故発生場所別救急搬送人員(平成28年〜令和2年)

6 初診時程度別割合

初診時程度別割合では、生命の危険が強いと認められる重症以上の割合が約4割を占めています(図10)。

図10 初診時程度別割合(平成28年〜令和2年)

死 亡:初診時死亡が確認されたもの
重 篤:生命の危険が切迫しているもの
重 症:生命の危険が強いと認められたもの
中等症:生命の危険はないが入院を要するもの
軽 症:軽易で入院を要しないもの

図10 初診時程度別割合(平成28年〜令和2年)

7 乳幼児の事故

0歳から5歳までの乳幼児の事故は、プールで最も多く発生しています(図11)。

過去には、ビニールプールでも発生していることから、水遊びをさせる際は、子供から目を離さないようにしましょう。

図11 乳幼児の救急搬送人員(平成28年〜令和2年)
図11 乳幼児の救急搬送人員(平成28年〜令和2年)
イメージ

8 事故事例

【目を離した隙におぼれた事故】

自宅用ビニールプールで遊んでいる子どもから目を離したところ、戻ってみると子どもがプール内で倒れていた(1歳 中等症)。

【河川でおぼれた事故】

川遊び中に家族がおぼれているのを発見し、助けに行って自身もおぼれた(30代 重篤)。

【飲酒後に河川でおぼれた事故】

川のそばでバーベキュー(飲酒あり)中に、対岸へ渡ろうとしたところ流されておぼれた(20代 中等症)。

【飛び込みによる事故】

公園内の浅い池で、石の上から飛び込んだ際に前のめりに転倒し、顔が水に浸かりおぼれた(1歳 軽症)。

≪いざという時には≫

1 心肺蘇生等の応急手当

突然に心肺停止した方を救命するためには、救急車が到着するまでの間、バイスタンダー(その場に居合わせた人)による心肺蘇生とAED(自動体外式除細動器)の使用が重要です。尊い命を救うために心肺蘇生の方法を身につけましょう(表1、図12)。

表1 年齢区分における心肺蘇生
心肺蘇生 胸骨圧迫(心臓マッサージ) 人工呼吸
対象 実施回数の比率 圧迫位置 圧迫法 圧迫の深さ テンポ 吹き込み量 吹き込み時間 吹き込み回数
成人 胸骨圧迫
30回

人工呼吸
2回
胸骨の下半分
(胸の真ん中)
両手 約5cm 100〜
120/分
胸の上がりが見える程度の量 約1秒 2回
小児 両手
又は
片手
胸の厚さの1/3
乳児 2指
図12 胸骨圧迫(心臓マッサージ)
図12 胸骨圧迫(心臓マッサージ)
新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた心肺蘇生法

2 感染防止のために

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、日々の生活の中で多くの不安を抱えていらっしゃることと思います。 いざというとき、応急手当を行う方の感染を防止するため、以下の点に気をつけてください。

① 自分のマスクがあれば着用しましょう。

② 意識や呼吸の確認は、倒れている人の顔と応急手当を行う方の顔があまり近づきすぎないようにします。
呼吸の確認は、胸とお腹の動きを見て行います。

③ 胸骨圧迫を開始する前に、倒れている人の口と鼻に、布やタオル、マスクなどがあればかぶせましょう。

④ 応急手当を行う方が複数いれば、一人は部屋の窓を開けたりして、室内の換気をしましょう。

●倒れている人が大人の場合

胸骨圧迫のみを行い、人工呼吸は行わないでください。

●倒れている人が子どもの場合

人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思がある家族等は、胸骨圧迫に加えて人工呼吸を行います。

人工呼吸用マウスピース(一方向弁付)等があれば、活用しましょう。

◆救急隊に引き継いだ後は

① 口元にかぶせた布やタオル、マスクなどは、直接触れないようにして廃棄しましょう。

② 石けんを使い、手と顔をしっかり洗いましょう。

③ うがいをしましょう。

  • ※ 119番通報後、救急隊が到着するまでの間に、災害救急情報センター勤務員や救急隊員が電話でアドバイスをすることがあります。
  • ※ AEDの装着と使用については、これまでどおり変更はありません。
  • ※ これらの対応は、JRC蘇生ガイドライン2020の内容とは異なる一時的なものです。

3 東京消防庁公式アプリ

東京消防庁公式アプリは、心肺蘇生をはじめとする応急手当の実施方法を動画で見ることができる機能や、心肺蘇生を実施する際のサポートとなる胸骨圧迫テンポ音機能など、緊急時にも役に立つ「救急サポートツール」を搭載しています。

なお、令和3年3月のアップデートで、心肺蘇生の手順や止血法などの「応急手当」の動画を25本追加しました。

ぜひ、スマートフォン等にダウンロードしてご活用ください。

イメージ
ダウンロード用QRコード

4 映像による応急手当のアドバイス(口頭指導)の検証

公共の場における応急手当の実施を促進し、救命効果の向上を図るため、119番通報の受付対応と並行し、通報者に対する応急手当のアドバイス(口頭指導)の強化に取り組んでいます。

現行の会話による応急手当のアドバイス(口頭指導)だけでは、急病人やけが人の正確な容態を把握することや有効な応急手当の実施状況の確認が困難なケースがあります。

このことから、通報者との119番通報を継続しながら、映像による通信ができる「Live119」を試験的に導入し、検証を実施しています。

Live119

〈検証開始日〉
令和2年9月9日(救急の日)

活用イメージ

応急手当の方法が分からない場合や応急手当の実施状況の確認のために、通報者のスマートフォンにLive119にアクセスするURLをショートメッセージで送付します。

アクセス後、撮影した動画が災害救急情報センターにライブ映像として送られます。

そのライブ映像を参考に、適切な応急手当のアドバイス(口頭指導)を行います。

※ 災害救急相談センター:主な業務として、119番通報を受信し、消防隊や救急隊に出場指令を出します。

機能紹介

ライブ映像以外にも、以下の機能があります。

①災害救急情報センターからメッセージを送信することができます。

②災害救急情報センターから、応急手当方法の動画を送信することができます。

注意項目

①Live119の接続に伴う通信費用は、通報者負担となります。

②動画撮影の際の、肖像権や安全には十分配意してください。

イメージ

↑このページのトップへ戻る