このページの本文へ移動
東京消防庁臨港消防署地域の安心安全対策防炎製品を備えよう!

防炎製品を備えよう!

あ!おばあちゃん、エプロンに火がっ!
コンロの火がエプロンに着火 ああっ!仏壇のロウソクの火がっ!
コンロの火がエプロンに着火
日常生活の中でも、火災の危険はひそんでいます。
火災は、ふとんや衣類などに着火して燃え広がります。
火災から身を守るため、防炎品を備えましょう!

防炎製品ってなんだろう?

防炎製品は、繊維の燃えやすい性質を、燃えにくく改良して作られており、エプロンやパジャマ、寝具類などがあります。

綿や麻等の製品に比べて、万一、火源に接しても燃え広がりにくく、火災の発生を未然に防いだり、火災の拡大を防止する効果があります。

また、高層マンションにお住まいの皆様は防炎物品の使用が消防法で義務づけられています。詳しくは、高層マンションにお住まいの皆様へをご覧ください。

防炎品と非防炎品との比較実験
同時着火35秒後の防炎製品(左)と非防炎製品(右)の比較

防炎製品の目印は?

財団法人日本防炎協会が一定以上の防炎性能を有していると認定した製品には、以下のラベルが貼付されています。

洗濯をしても防炎性能が落ちないことや、毒性のない素肌にやさしい製品であること等、高い基準を満たしたものだけに与えられるラベルです。

防炎性能ラベル

防炎製品はどこで購入できるの?

防炎製品をお求めの方は、財団法人日本防炎協会のホームページの「店舗情報」をご覧ください。


↑このページのトップへ戻る