このページの本文へ移動
東京消防庁豊島消防署消防団行事結果

行事結果(消防団)

消防団活動の実施結果


令和4年度ポンプ操法審査会を実施

令和4年5月29日(日)、豊島消防団ポンプ操法審査会を3年ぶりに、初めての会場となる豊島区立としまみどりの防災公園(イケ・サンパーク)で開催しました。ポンプ操法審査会とは、各分団を代表する1隊5名の団員で、士気・規律・行動の確実性、機械器具操作の習熟度を競うものです。

熱戦を制し優勝したのは第5分団で3回連続の優勝となりました。
団員からは「公園に訪れた方々に消防団の活動を見てもらえてよかった」との声が聞かれました。

消防団長任命式を実施

令和4年4月4日()豊島区長室にて、豊島消防団長 大柴厚三氏の団長2期目と池袋消防団長 清水正博氏の団長3期目との任命式が実施されました。発令通知書を高野之夫区長より受領した両消防団長は「昨年、一昨年は、新型コロナウイルス感染症の影響によりなかなか消防団活動が出来なかったので、今期は行事や訓練指導など団活動を再開し、団員全員で力を合わせて頑張っていきたい。団長としての職務をしっかり遂行していく。」と力強く語りました。


豊島消防団始式を実施

令和4年1月9日池袋消防署8階体育館において、豊島消防団始式が実施されました。消防団始式は、新年の始めにあたり、消防団員の強固な団結力を確立し、より一層の士気高揚を図るため、毎年実施しているものです。昨年はコロナウイルス感染症拡大に伴い中止となっていましたが、今年は人数を制限し感染防止に配意して実施されました。

長年消防団活動に従事し、功績があった消防団員に対し、消防総監賞・豊島消防署長賞・豊島消防団長賞・豊島区長賞等の授与が行われました。また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会警戒にあたった24名にも団長賞が授与されました。久しぶりの行事となり、参加した団員たちは「わが町を自分たちの手で災害から守る」という強い使命感を再確認するとともに「新型コロナウイルス感染症が早く終息し、皆で活動出来る日が早く来ることを願っている」と現在の気持ちを語りました。

消防団活動訓練を実施

令和3年10月24日、2つの会場で同時に震災時を想定した訓練を実施しました。


第1会場の豊島区立総合運動場では、4個分団が可搬ポンプを活用した遠距離送水訓練を行いました。第2会場の神田川神高橋テラスでは、3個分団が可搬ポンプ積載車を使用し、自然水利を活用した放水訓練を行いました。また、今年度各分団に配置された携帯型端末装置(タブレット)を活用し2カ所の訓練会場をZOOMでつなぎ、お互いの訓練の情報収集を実施しました。

久しぶりの訓練に団員たちは「コロナ渦で活動や訓練が出来なかったが、今回
再確認できてよかった」「自然水利を活用した訓練は実施したことがなかった
ので、勉強になった」などの意見が寄せられました。





新入団員に対する教養訓練を実施

令和3年10月24日、豊島消防署において新入団員を対象とした教育訓練を実施しました。新入団員12名は新型コロナウイルス感染症拡大防止に配意しながらも、消防団員ハンドブックを用いた一般教養や規律訓練を実施し、その後、豊島区立総合運動場で行われていた豊島消防団の活動訓練に参加し、ホースの持ち方や巻き方を学びました。

参加した新入団員からは「早く消防団活動訓練に参加したい」「コロナ渦で活動機会も少なく、なかなか活動出来ないが、非常時にどのように活動すればよいのか学ぶことができた」などの感想が寄せられました。

としまみどりの防災公園で震災時多機能型深層無限水利の取扱い訓練を実施
団初式

令和2年8月26日(水)〜28日(金)豊島消防団では、3日間に渡り、震災時多機能型深層無限水利(以下深井戸)の取扱い訓練を実施しました。

深井戸は造幣局東京支店跡地に今年7月オープンした「としまみどりの防災公園」内に設置され、地下約200メートルの深さに滞留する豊富な地下水を汲み上げ、震災発生時に付近の消火活動等に使用するため整備されました。

訓練は豊島消防団、豊島消防署、小石川消防署及び池袋消防署と合同で行い、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえマスク着用でお互いの距離を確保しながら、深井戸の性能や取扱い上の注意点などを確認し、いざ震災が起きた時に近隣地域を守れるよう取り組み、猛暑の中、参加者は真剣な眼差しで放水訓練を実施しました。

豊島消防団始式を実施
表彰

令和2年1月12日(日)としまセンタースクエア(豊島区南池袋2−45−1)において豊島消防団始式が実施されました。

消防団始式は、新年の始めにあたり、消防団員の強固な団結力を確立し、より一層の士気高揚を図るため、毎年実施しているものです。
式典には、高野豊島区長をはじめ多くの来賓が参列し、長年に消防団活動に従事し功績があった消防団員や令和元年中の活動が優良だった消防団員に対し、消防総監賞・東京消防庁防災部長賞、第五消防方面本部長賞・豊島消防署長賞・豊島消防団長賞・豊島区長賞等の授与が行われました。また、令和元年中の新入団員26名の内式典に参加した11名の紹介もあり、団員としての使命と決意を新たにしていました。

来賓の方々からは日頃の消防に対する感謝と地域防災の要としての期待の声が多く聞かれ、式典に参加した消防団員はあらためて「わが町を自分たちの手で災害から守る」という強い使命感を心に刻み消防団活動に対する一層の士気高揚が図られました。

豊島区消防団合同点検を実施

令和元年10月27日(日)豊島区立総合体育場(豊島区東池袋4−41)において、豊島・池袋消防団合同の消防団点検が実施されました。

消防団点検とは、消防団員の使命感や、士気の向上を図るとともに訓練の成果を確認することを目的としています。豊島・池袋消防団ともに日ごろの訓練成果を存分に発揮し、士気旺盛かつ規律ある訓練を披露しました。高野之夫豊島区長をはじめ、ご列席いただいた多くのご来賓の方々からは、「身近に頼もしい消防団がいてくれて大変心強い!」という声をいただきました。参加した豊島・池袋両団員からは「これから迎える火災多発期に向け、気持ちを新たに頑張っていきます」との声が聴かれました。


令和2年度総合震災消防訓練を実施

令和2年12月5日(土)令和2年度総合震災消防訓練が実施されました。6時30分に東京消防庁館内に震度7を観測する地震が発生したと仮定し、4分団が可搬ポンプ積載車でとしまみどりの防災公園(イケ・サンパーク)に出場し活動を行いました。豊島署隊と消防団が連携し、防災公園に新しく出来た深井戸を活用し遠距離送水及び放水訓練を実施しました。消防団員からは「防災公園で深井戸を活用した訓練を行うことができて、良い経験となった」との声が聴かれました。

新入団員に対する教養訓練を実施

令和2年9月17日、18日の2日間で、豊島消防署において消防団員を対象とした教育訓練を実施しました、新入団員16名が新型コロナウィルス感染拡大防止に配意しながらも、消防団員ハンドブックを用いた一般教養や、防火衣着用やホース延長要領を学びました。

参加した団員からは、「消防署に実際来なければ、体験できない訓練が出来たため有意義であった。」「日常の訓練の大切さを知ることができました。コロナ渦でなかなか活動ができないが、非常時に消防団で活動するために必要なことを学ぶことができた」などの感想が寄せられました。


↑このページのトップへ戻る