このページの本文へ移動

東京消防庁

東京の消防 東京の消防

消防団

東京の消防 消防団
消防団員の身分

消防団の入団条件

  • ●18歳以上の健康な方
  • ●消防団の区域に居住、勤務又は通学している方

消防団員の処遇

報酬
消防団員の処遇年額報酬や出場手当の支給があります。
公務災害補償
活動中に負傷した場合の様々な補償があります。
被服等の給貸与
活動に必要な活動服や制服等が支給されます。
退職報償金
5年以上消防団活動を行った方が退団した時に支給されます。
表彰
活動にあたって功労、功績があった場合に表彰されます。
消防団の技能講習

消防団の技能講習

消防団員には、第三級陸上特殊無線技士や二級小型船舶操縦士、防火管理者、応急手当指導員、応急手当普及員などさまざまな資格が取得できる機会があります。また、手話や英会話など、スキルアップに役立つ講習を受講することもできます。

消防団の組織

東京の消防団は都知事が管理する特別区と各市町村長が管理する多摩・島しょ地区にそれぞれ設置されています。装備や制服・処遇など各市町村で異なるものもありますが、災害活動や防火指導など基本的な活動は変わりません。各消防団の現況については下表のとおりです。

特別区(23区) 多摩・島しょ地区
人数(定員) 16,000人 10,653人
団数 58団 40団
事務担当 23区各消防署 各市町村
制服・防火服など 防火服……緑+紺
ヘルメット……緑
各市町村で決めている様々な仕様

さまざまな場面で活躍する消防団

  • 消火活動
  • 救助活動訓練
  • 防災訓練指導

消防団の施設

分団本部施設は、消防団員の活動拠点として活用しています。主に、火災や震災等の大規模災害時の参集場所、教育訓練、各種資機材の点検、分団会議及び各種警戒の拠点として使用し、各種資機材等を収納できる格納庫及び会議や訓練スペース等を併せ持った施設として整備しています。

  • 消防団の施設
  • 消防団の施設
  • 分団本部施設の規模・構造等
    規模 延べ面積:約80平m2 平屋または2階建(1階格納庫、2階会議等スペース)
    構造 鉄骨造
    設備 電気・給排水設備

可搬ポンプ積載車

特別区では、可搬ポンプ及び各種資機材を災害現場まで搬送するため緊急走行可能な軽自動車を300台配置しています。

可搬ポンプ積載車
東京の消防サイトマップはこちら
令和4年3月発行

消防団<PDF版>