このページの本文へ移動
東京消防庁小平消防署>インフォメーションコーナー

インフォメーションコーナー

小平消防署の行事等の情報、緊急のお知らせなどを掲載しているページです。
  

危険物安全週間が始まります!

 危険物を取り扱う事業所における自主保安体制の確立を図るため、毎年6月の第2週(6/66/12)を「危険物安全週間」とし、危険物の保安に対する意識の高揚及び啓発を全国的に推進しています。

 この期間をきっかけとして、危険物を含む製品の使用上の注意事項をよく読むなど、身の回りの危険物の正しい使用方法を十分に理解し、危険物に関する事故を防ぎましょう。

 〜 令和3年度危険物安全標語 〜

  「危険物 しっかりまもろう 使い方」

   (作者 金子真優さん 世田谷区在学)    
以下の内容にも注意してください。
詳細はそれぞれのリンクをクリック!

・消毒用アルコールの取り扱い
・スプレー缶の事故
・ガソリンスタンドでの事故

消毒用アルコールの取り扱いにご注意ください

チラシページへ

アルコール製品を使用する機会が増えています!

特徴

・蒸発しやすく、引火するおそれがあります。

・可燃性蒸気は、低いところにたまる可能性があります。

 

使用上の注意点

・火気のない場所で使用しましょう。

・詰替えは換気ができる場所で行いましょう。

・キャンプ用品の着火剤は、絶対につぎ足さないようにしましょう。



消毒用アルコール実験映像について
 消毒用アルコール及び高濃度の酒類の燃焼実験映像を、Youtube東京消防庁公式チャンネルにて公開しています。
   

スプレー缶の事故にご注意ください

 スプレー缶には可燃性ガス(LPG:液化石油ガス)や危険物(DME:ジメチルエーテル)が噴射剤として使われているものも多くあり、蜂の駆除スプレーを室内で使用し、火災となった事例もあります。

 室内で大量に使用したり、処分の際にガス抜きをしていて、空気とある一定の濃度で混ざると、たばこやガス湯沸かし器、時には静電気によっても爆発、火災になる可能性があります。

使用する際は、スプレー缶に記載されている取扱いの注意事項をよく確認しましょう。


スプレー缶による火災の恐れについて
 スプレー缶の燃焼実験映像をYoutube東京消防庁公式チャンネルにて公開しています。


エアゾール缶等の危険性     
  
 

冷却スプレー使用後の引火による火災の危険性
  

ガソリンスタンドでの事故にご注意ください

 東京消防庁管内危険物施設の事故原因は、給油取扱所における車両の運転操作ミスによるものが、第1位となっています。

事故によりガソリンが流出すると、大災害に発展する場合があります。



敷地内では、十分に速度を落とし、周囲の安全をよく確認しながら運転してください。



ごみ収集車の火災が発生しました

チラシページへ
小平市内でごみ収集車の火災が発生しました。
ごみの出し方をもう一度確認し、正しいごみの分別、ゴミ出しをしましょう。

 詳しくは右の画像をクリック!






  

第18回 地域の防災功労賞

チラシページへ
 「地域の防火防災功労賞 」 は阪神 ・ 淡路大震災から10年目の節目にあたる平成
16年6月に、地域防災力の向上を図ることを目的として創設されました。
 町会・自治会、事業所等の防火防災に関する取組について募集し、表彰することで広く都民に紹介するものです。
 今年も、地震、風水害等の自然災害に関する町会・自治会等が主体となった地域の取組や、地域が実施する住宅防火に関する取組を募集します。

 詳しくは右の画像をクリック!

消防こだいら第126号

チラシページへ
・令和2年中 小平市の出火原因
・住宅防火10の心得
・おうちで防災を学ぼう!リモート防災学習
・鳴りますか?住宅用火災警報器
・電気製品の小さなこげ跡でもご相談ください。
 〜東京消防庁版電気製品火災相談ガイド〜
  
 詳しくは右の画像をクリック!

令和3年春の火災予防運動を実施しました

チラシページへ
・火災予防運動の目的
・令和2年中の火災発生状況(東京消防庁管内)
・緊急事態宣言前後における火災件数の推移
・STOP!たばこ火災
・STOP!ストーブ火災
・STOP!こんろ火災
・STOP!電気コード火災
・東日本大震災から10年 地域の防災力を高めよう

 詳しくは右の画像をクリック!

小平市民の皆様と事業所で勤務されている皆様へ

チラシページへ

・令和2年中の小平市内の火災発生状況
・住宅火災における火災原因
・放火されない環境づくりに努めよう
・ガスこんろ関係の火災に気を付けよう
・自衛消防訓練を実施しよう
・感染防止に配慮した訓練方法
・QRコードを読み取って説明動画を見よう


 詳しくは右の画像をクリック!

東日本大震災10周年

チラシページへ
・家具類の転倒・落下・移動がもたらす「三つの危険」
・「けがの危険」
・「火災の危険」
・「避難障害の危険」

・「家具転対策の方法」

 詳しくは右の画像をクリック!

もしもの時に備えてやっていますか? 動画でわかりやすい自衛消防訓練

チラシページへ
・新型コロナウイルス関連
・感染拡大防止に配慮した訓練方法
・訓練は継続が大事



 詳しくは右の画像をクリック!

小平消防署のポンプ車が新しくなりました!

チラシページへ
 

令和3年1月26日、小平消防署に配置されている
ポンプ車2台のうち1台が新車になりました



 詳しくは右のポンプ車をクリック!

文化財を火災から守ろう

チラシページへ
 
 1月26日は、「文化財防火デー」です。
 日本の文化財は、木や紙などの可燃物で造られているものが多く、一度火災になると、大きな被害を受ける危険性が高くなっています。
 昨年度は、ユネスコの世界文化遺産に登録されているフランスのノートルダム大聖堂及び沖縄県那覇市の首里城跡において大規模な火災が発生し、社会的な注目を集めました。
 東京消防庁では、1月26日を中心に文化財を火災や地震などから守るため、総務省消防庁が作成した防火訓練マニュアルに基づいた自衛消防訓練の実施などを呼びかけています。
 (小平市内の文化財は、小平市役所のホームページで紹介されています。)

 詳しくは右の画像をクリック!

防災とボランティア週間(1月15日から1月21日まで)

チラシページへ
 
 1月17日は、「防災とボランティアの日」
 1月15日から21日までは、「防災とボランティア週間」です。
 「防災とボランティア週間」は、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災を契機に創設され、災害時におけるボランティア活動や自主的な防災活動の認識を深めるとともに、災害への備え等の充実強化を図ることを目的としています。



 詳しくは右の画像をクリック!
 

令和2年小平消防署おもなできごと

チラシページへ
 
 


 詳しくは右の画像をクリック!



ガスこんろの火災に気をつけよう!

チラシページへ
 
 昨今、新型コロナウイルス感染症対策の影響で自宅での調理の機会が増えており、それに伴いガスこんろの火災が増える傾向にあります。過去5年間の火災原因もガスこんろが1位です(東京消防庁管内)。ガスこんろの出火原因の詳細や、火災を防ぐポイントを知り、ガスこんろの火災に気をつけましょう!

 また新型コロナウイルス感染症の感染予防に関するお知らせも掲載しておりますので、感染防止対策の参考にしてください。

 詳しくは右の画像をクリック!

火災による死者が発生!

チラシページへ
 
 12月21日(月)、小平市内で住宅火災による死者が発生しました。
 寒い季節になると、暖房器具を使用する機会が増えることや、空気の乾燥により火災が発生しやすくなるため、特に注意が必要です。
 「住宅火災から命を守るためにできること」を確認しましょう。

 また、住宅用火災警報器は火災の早期発見に有効です。
 この機会に点検をしましょう。 


 詳しくは右の画像をクリック!

放火と思われる火災が発生しております!

チラシページへ
 
 小平市内で放火と思われる火災が発生しております。。
 放火火災を予防するためには、放火されない環境をつくることが大切です。
 




 詳しくは右の画像をクリック!
 

秋の火災予防運動を実施しました【11月9日から11月15日まで】

R2akinokasaiyobou.pdf
  火災予防運動の目的
  備えよう!住宅用防災機器
  安全に使おう!消毒用アルコール
  119番通報は落ち着いて正しく伝えよう!
  お役立ち情報!QRコード一覧
  鳴りますか!住宅用火災警報器
  鳴りますか!住宅用火災警報器
    〜スーパーマーケット・ガソリンスタンド・バス会社で広報!
  住宅用火災警報器奏功事例

 詳しくは右の画像をクリック!


  

要配慮者を守ろう


  高齢者や身体が不自由な方などを災害から守るために
  住まいの防火防災診断
  安否確認や避難支援を取り入れた防火防災訓練
  啓発資料「地震から命を守る『7つの問いかけ』」
  「地震への備え チェックリスト」
  高齢者のころぶ事故を防ごう

 詳しくは右の画像をクリック!




地域の防災力を高めよう  知ろう!防災  行こう!訓練


  防災の日と防災週間
  「新しい日常」に照らした防災訓練等の実施要領
  様々な特徴を持つ防災訓練車両の紹介
  各防災館にVR防災体験コーナーを設置
  東京消防庁公式アプリの紹介
  YouTube 公式チャンネルの紹介

 詳しくは右の画像をクリック!


地震 その時10のポイント / 地震に対する10の備え

 地震に対する10の備えについては、
熊本地震(H28)や北海道胆振東部地震(H30)等を踏まえて、本年6月に見直していますので、改めてご確認下さい。

【見直した点】
強い地震が連続して発生することや、地震と風水害が同時期発生することへの備え、感電ブレーカー(分電盤型)の設置など。

詳しくは下の画像をクリック!

      

電気火災を防ごう!

電気火災を防ぐポイント

  コンセント・プラグ・コード
  白熱電灯・蛍光灯編
  電気製品全般
  地震・風水害時の火災等防止対策


 詳しくは右の画像をクリック!


住宅用火災警報器を確認しましょう

チラシページへ
 住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の劣化や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあります。
     
 右の交換診断シートを参考に、ご自宅の住宅用火災警報器を点検・確認しましょう!



 詳しくは右の画像をクリック!

消毒用アルコールの取り扱いにご注意ください

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、手指の消毒等のため、危険物の第四類アルコール類に該当する消毒用アルコールを使用する機会が増えています。

アルコールの火災予防上の特徴
  ・ 火気に近づけると引火しやすい。
  ・ アルコールから発生する可燃性蒸気は、空気より重く、低いところにたまりやすい。

このため、消毒用アルコールを取り扱う場合は、             

 ・火気の近くでは使用しないようにしましょう。         
 ・詰替えを行う場所では換気を行いましょう。
 ・直射日光や高温となる場所を避けて保管しましょう。  
                                       
 その他の取扱い等についてはこちらをご覧ください。
 「報道発表資料 東京消防庁 令和2年4月17日 消毒用アルコールの取り扱いにご注意ください!」

ガソリンを購入される皆様へ

 令和元年7月に京都市で発生したガソリンによる火災を受け、
令和2年2月1日から、ガソリンの容器詰替え販売時に以下の
項目が義務化されましたので、ガソリンスタンドなどで購入する
際に確認されます。


@ 本人確認(運転免許証の提示など)
A 使用目的の確認
B 販売記録の作成

ガソリンスタンドでの事故に注意!

 危険物施設等における事故の大部分を占めるのは、給油取扱所における
破損事故です。

 令和元年中、東京消防庁管内では、車両の運転操作ミスによる破損事故が
33件発生しています。

 ガソリンが流出すると、大災害に発展する場合があります。
 敷地内では、十分に速度を落とし、周囲の安全をよく確認しながら運転して
ください。
  

子どもの事故を防止しよう

チラシページへ
 
 日常生活の事故で搬送されている方のうち、5歳以下(乳幼児)と高齢者の
救急搬送人員が増加しています。

 家族など周囲の人が過去にどのような事故が発生しているかを知り、事前に
対策を取り、大事な事故から子どもを守りましょう!

 詳しくは右のチラシをクリックして下さい。




子供向け特設ページができました!

特設ページへ

 おうちですごすじかんがながくなって、どうすごしたらよいか、とまどいをかんじているみなさんもいらっしゃると思(おも)います。

 こんなときだからこそ、おうちのパソコンやタブレットをつかって、いざというときにやくだつちからをみにつけましょう!

 このページでは、キュータがとくべつにえらんだ、消防(しょうぼう)や防災(ぼうさい)、救急(きゅうきゅう)についてまとめてご紹介(しょうかい)します。

 きになったものから、どんどんチャレンジしてみてください!


救急車の適正利用にご協力をお願いします



 詳しくは上のチラシをクリック
                              

消防署をかたる不審電話にご注意を!

sagi.pdf

最近、都内各地で消防職員をかたる人物からの不審な電話が頻発しています。小平市内でも、消防署や市役所職員を騙る同様な事案が発生しています。

特に、一人暮らしの高齢者を狙っていると思われますので十分に注意して下さい。

右のチラシをクリックすると、チラシを拡大できます。

消防署を騙る不審電話に関する内容は、東京消防庁のホームページでも詳しくご案内しております。






東京消防庁アプリが配信開始!  

 東京消防庁が公式アプリの配信を開始しました!   
   
  ぜひダウンロードしてご活用ください!

  
  詳しくは右のチラシをクリック!    
                          
                                

地震から命を守る家具転対策をしましょう  

家具類の転倒・落下・移動防止対策を推進しています。

改めて、ご自宅の家具の固定方法や配置を見直してみませんか?
  

詳しくは右のチラシをクリック! 

  


     ↑このページのトップへ戻る